« セパレーション・ライン Johnnie Taylor | Main | ラジオ番組を録音 山下達郎 »

Phillip Mitchell参加 Ray Barretto

Raybarretto_canyoufeelit ラテン・パーカッション奏者レイ・バレットのLPにフィリップ・ミッチェルが参加している。

 レイ・バレットは、現在のクラブ・シーンでなかなか人気が高い人。残した録音もけっこうな量になる。フィリップ・ミッチェルが参加したものが、もしかしたら他にもあるのかもしれないが、僕が知っているのはこれだけ。

 まずはそのレイ・バレットのLPの名を挙げておこう。

Can You Feel It Ray Barretto (Atlantic SD 19198)-1978-

 当時はフィリップ・ミッチェルはAtlanticに在籍していたから、レーベルメイトとして参加したのだろう。この時期のフィリップ・ミッチェルが悪かろうはずがない。いやいつだって素晴らしいんだが。

 なにはともあれ、今日もストリーミング配信するので聴いてみてください。例によってReal Audio Player必須、ソースは一ヶ月程度でサーバから落とすのでお早めに。

What Part Of Heaven Do You Come From? / Ray Baretto feat. Phillip Mitchell

 いつも通りのフィリップ節。もちろん作曲も彼。良い曲でしょ。

 不思議なのは、パーカッション奏者レイ・バレットのLPに入っているくせに、あまりパーカッションが前に出ていない。
 以下は勝手な想像。まったく根拠はない。
 これはもともとフィリップ・ミッチェルの曲として録音され彼自身のLPに収録される筈だったものかもしれない。そのレコーディングでレイ・バレットがバック・ミュージシャンとして参加していた。それが発表の場を失い、ここに入ってしまったのではないか。

 ちなみにAtlanticでのPhillip MitchellのLP番号を書いておく。

"Make It Good" (SD 19160) -1978-
"Top Of The Line" (SD 19231) -1979-

 このレイ・バレットのLPがSD 19198、と勝手な想像をして楽しんでいる次第。

 そうそうレイ・バレットの他の曲はインストだが、グルーヴあるパーカッションが楽しめる。ジャケット裏にある彼の写真もアップしておこう(クリックすると拡大します)。

Raybarretto_back

|

« セパレーション・ライン Johnnie Taylor | Main | ラジオ番組を録音 山下達郎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/15526404

Listed below are links to weblogs that reference Phillip Mitchell参加 Ray Barretto:

« セパレーション・ライン Johnnie Taylor | Main | ラジオ番組を録音 山下達郎 »