« 祝再CD化 Oliver Cheatham | Main | 泥沼状態 Lee Moses »

DVDです Ray, Goodman & Brown

Rgb_live R,G&BのライブDVDが発売された。いったい世界中でどのくらいの数が売れるのか大いに興味があるが---。

 以前にも書いたかもしれないが、僕は15年ほど前に彼らのステージを観たことがある。ハリー・レイが死ぬ半年くらい前で、彼は全く声が出ていなかった(死因は肺癌と伝えられている)。
 さらに他の二人もまったくなっていなくて、ステージ活動をしていなかったんじゃないかというくらいお粗末だった。それでもステージ後にメンバーに会って僅かながら思いを伝えられたのは良い思い出だが---。

 そんなわけで、このDVDもまったく期待していなかった。

 しかし、これが思いのほか素晴らしくてびっくりした。その最大の要因はおそらく彼らが再びステージを活発にこなしているということにあると思う。そしてそこに強力な助っ人が加わっている。言わずと知れたケヴィン・オーウェンス、そして僕は知らなかったラリー・ウィンフリー(Larry Winfree)なるメンバー。そもそも3人組というのはどうしてもコーラスが薄くなるが4人ならばさすがに厚みを増す。そしてメンバーそれぞれ良い味を出し切っている。

 まずはビリー・ブラウン。心あるソウル・ファンならば、あまりに繊細なハリー・レイより、ほどよく雑味を帯びたビリーのファルセットに惹かれるはず。
 モーメンツ時代の二大名曲"Not On The Outside"、"Love On A Two-way Street"はビリーがリードを取ってこそ映える(もともとはこのメンバーが歌っていたわけじゃないんだが---それは置いておいて)。

 ケヴィン・オーウェンスのテナーの伸びはご存じの通り。実際にはR、G&B時代からの助っ人だから年季が入っている。

 驚いたのがラリー・ウィンフリーなる男。実に味のある声で、数曲リードをとる曲では聴き惚れてしまった。

 そしてアル・グッドマンのベースや語りも、もちろん忘れるわけにはいかない。

 聴いていて思わず不覚をとったのが"Inside Of You"や"Special Lady"。僕がソウルを聴きはじめた頃のリアル体験だったからね~。いろいろな思いで胸がいっぱいになってしまった。

 ちょいと我を忘れて褒めすぎた。やはりロートルだし、手放しでお奨めはしない。彼らに対する思い入れがなければ辛いだろう。

 それにしても4人いて、しかもそのなかに実在するのは2人だけなのにレイ、グッドマン&ブラウンとはこれ如何に?10年後には一人も実在しないレイ、グッドマン&ブラウンになってたりして---

|

« 祝再CD化 Oliver Cheatham | Main | 泥沼状態 Lee Moses »

Comments

良かったでしょ。私見ながらいっしょに歌ってました。動くアルジョンのDVDより数段良かったです。そろそろアルバムでてもいい頃ですしね。見てないけどいっしょにテンプスもでたみたいですね。

Posted by: hashi | July 05, 2007 at 12:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/15643057

Listed below are links to weblogs that reference DVDです Ray, Goodman & Brown:

« 祝再CD化 Oliver Cheatham | Main | 泥沼状態 Lee Moses »