« 感涙のCDその1 Ballads | Main | 感涙のCDおまけ Ballads »

感涙のCDその2 Ballads

Ballads_confessingthefeelingcd もちろん昨日に続くのはこれ。バラッズの70年代録音集。

 ジャケットはやはりその昔のVivid盤の再現はできなかった(あれは使いまわし写真だった)が、それもまたよし、我がレコード棚に眠るそっちへの愛おしさが募るからね。

Confessing The Feeling The Ballads (P-Vine PCD-24190)

 昨日は、今では60年代のVenture録音を僕は取ると書いたものの、やはり名曲中の名曲「コンフェッシン・ザ・フィーリング」は別格。
 曲の最初のバシャーンという妙なSE(ギター?)が凄い。このバラードの冒頭にこんな音をもってきてしまうセンス。一歩はずせばぶち壊し---いや一歩はずしているからこそソウルなのか。
 この歌、このコーラスこそ、ソウル・ミュージックにおけるコーラス・グループの頂点。なんと豊かな響きだろう。ブラック・ミュージックの魅力は1920年代のジャグ・バンドから現代のヒップホップまでそれぞれ貴賤ないが、それでも70年代のソウルはとびきりだった。それはこれを聴けばわかる。もって瞑目せよ。

 Vivid盤には収録されなかったオリジナルズのカバー"Baby,I'm For Real"、さらに謎のフランス盤CDに入っていて「なんじゃこれ」と思った曲も収録されている。鈴木さんの解説で正体もわかってすっきり、一週間の便秘が通じたような気分。

 90年代に近い録音も含まれ、そのぶん通して聴くと散漫な印象もあるが、しかしこれで彼らのすべてが聴ける。素晴らしい仕事だ。

|

« 感涙のCDその1 Ballads | Main | 感涙のCDおまけ Ballads »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/16075151

Listed below are links to weblogs that reference 感涙のCDその2 Ballads:

« 感涙のCDその1 Ballads | Main | 感涙のCDおまけ Ballads »