« 感涙のCDおまけ Ballads | Main | TheではなくA:90 Tony Owens »

TheではなくA Tony Owens

Tonyowens_cotillion44103 バラッズの名カバーから、オリジナルのトニー・オーエンスに。

 トニー・オーエンスはN.O.のシンガー。不器用ながらアーシーな味わいを持つ。
 その彼の一世一代の名曲と言っていいのが「コンフェッシンナ・フィーリング」"Confessin' A Feeling"。バラッズのカバーは"Confessin' The Feeling"で、この冠詞と定冠詞の違いが趣きを変えているのか、どっちでもいいのか英語に暗い僕にはわからない。

 もともとはSoulin'というレーベルから1970年に出されたもの(Soulin' 148)。その後コティリオンから配給されて全国ヒットした7インチがあるので、今日はそれを取り上げる。

Confessin' A Feeling Tony Owens (Cottilion 44103)

 哀愁ある、サザン・スウィート。
 昔P-Vineから出たN.O.のシンガーをピックアップしたコンピLPに収録されたこともあったし、最近は彼のフルCDも出たので大概のソウル・ファンなら持っているとは思うが、今日は音貼りをしておく。

Confessin' A Feeling / Tony Owens

 ↑Real Audio必須。一ヶ月で落とすのでお早めに。

|

« 感涙のCDおまけ Ballads | Main | TheではなくA:90 Tony Owens »

Comments

>>バラッズのカバーは"Confessin' The Feeling"で、

残念でした。。 確かに、先発のMusic City盤では、「The」でしたが、彼らのレーベルからリリースされたのは、こちら。。

(BALJA 1001) BALLADS - CONFESSING A FEELING/BUTTERFLI

と、「A」となっておりますよん。。

Posted by: N | August 16, 2007 at 09:37 AM

Nさん。
なるほど。情報いつもありがとうございます。
虚心で聴いてみると(笑)、確かにTheとは歌っていないようですね~。

Posted by: Sugar Pie Guy | August 19, 2007 at 03:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/16063881

Listed below are links to weblogs that reference TheではなくA Tony Owens:

« 感涙のCDおまけ Ballads | Main | TheではなくA:90 Tony Owens »