« 敬老の日? Kool & The Gang | Main | 完璧なシンガー Laura Lee »

偉大なり Chess

Recordcollectors_chess02 月刊誌「レコード・コレクターズ」は創刊号から買っている。

 そもそもは古いジャズソングやジャンプ・ブルースなどが眼目のような雑誌だったが低迷。80年代後半にロック路線になってから売れ出した。ビーチ・ボーイズ、ライ・クーダー、トッド・ラングレン特集などは教科書のように読んだものだ。
 しかし90年代後半からはロックの細かいところに入っていき、かなり僕には辛い雑誌になっていた。毎月の5%にも満たないソウル/R&Bの記事が読みたくて購読していたのだが、今月号はなにを狂ったのか(笑)、Chessレーベルの特集。

 もちろん紙幅が足りません。毎月は一アーティストの特集なのに、長期に渡って活動したレーベルだから数十頁で全貌は語れない。
 それでも興味深い内容で大変満足しました。

 アリストクラッツからチェスになり、ロックンロール、ブルース、R&Bの秀作をリリース。さらにインディとしてはめざましい成功をとげるにつれ、広く版権を取得。サザン・ソウルからスウィート・ソウルまでを紹介してくれた。
 そして系列のアーゴ/カデッツはジャズでスタートしたもののThe DellsやEtta Jamesらのソウル史上永遠のカタログを残した。

 オーナーのレーナード・チェスの才気を感じるのは70年代後半にこのレーベルをぱっと手放してしまったこと。それゆえにこのレーベルは不屈のイメージを放つ。

 というわけで明日からはチェスの音源を数日特集してみる。
 手近にあるものを拾いあげるだけだから、単なるつまみ喰いにしかならないけれど。

※今月号のレコード・コレクターズの表紙全体(クリックすると拡大します)
Recordcollectors_chess01

|

« 敬老の日? Kool & The Gang | Main | 完璧なシンガー Laura Lee »

Comments

Chessについて語るなら、やはり純正ブルースのお皿をとりあげないと片手落ちというもの。
           期待してます。
      
         ブルース大好き少年より。

Posted by: masato | September 19, 2007 at 07:00 PM

僕の場合、レココレは学生時代にはよく購読していたけれど、今はほとんど買ってません。仰る通り、ソウル・ファンにはちょっと辛い本になってるように感じます。。。でもChess特集という事で今月号は買いました。知らなかった情報も少なくなく、それなりに楽しめたけれど、選盤の基準などはソウル・ファンからすると「?」を付けたくなるような気もしますね。「どれだけロックの肥やしになったか」が大きな価値基準として存在しているように感じましたね。。。

Posted by: HEKA | September 19, 2007 at 11:02 PM

msatoさん
ブルースは得意じゃないんです。さらにこっちにレコードをあまり持ってきていない。
でも課題として持っておきます。機会を得て取り上げてみます。
ソウルと同じで甘茶好み。Chessだとロバート・ナイトホークだとか。あの濡れそぼつスライドが狂おしい。

HEKAさん
確かに読み続けるのは辛いんですが、レビューほかたまに良い記事がありますからね~。
最近電車のなかで「レココレ」を読んでいる人をたまに見ます。やはりロック、それも70年代中心が売れるんでしょうね。団塊の世代から40歳代までファンが幅広いから。

Posted by: Sugar Pie Guy | September 20, 2007 at 07:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/16495463

Listed below are links to weblogs that reference 偉大なり Chess:

» このあたりでチェス・その1 [小さなレコードのブルース]
このところニューヨークのブルースを続けてきたが,トミー・タッカーなんて人もニュー [Read More]

Tracked on October 02, 2007 at 10:19 PM

« 敬老の日? Kool & The Gang | Main | 完璧なシンガー Laura Lee »