« 夏休み読書感想文4 Blue Eyed Soul | Main | 大発見か?! Peggy Scott & Jo Jo Benson »

とにかくいいんだ Laura Nyro

Lauranyrp_smile 夏休み明けって嫌ですよね。宿題を提出するために忙しく、「ああ何もやれなかったな」という嫌悪感にとらわれる。

 そんな気分なので「ソウル一日一枚」は今日は休み。ソウル以外の音楽をネタにしよう。

 といっても話題は昨日から続いている。

 ブルー・アイド・ソウル。

 昨日紹介した本にはローラ・ニーロも「もちろん」取り上げられていた。この「もちろん」は、その本の姿勢であれば、という意味ね。
 ローラ・ニーロをブルー・アイド・ソウルにカテゴライズすることは僕としては相当な違和感がある。


 もちろんローラ・ニーロはいいよ。大好きという冠ではたりないくらい。(吉田美奈子とどちらが好きと言われたら答に窮するけど、やはりホームだから美奈子をあげるかな。アウェイ不利ってことでご承知ください。)

 彼女のアルバムのなかでこいつ。実は僕のマイミク(mixiの話ね)さんが先日取り上げていて、思わず膝を打ったレコード。膝を打って響く---脚気(かっけ)じゃないことを自己診断。

Smile Laura Nyro (Columbia PC 33912) -1976-

 ローラ・ニーロの録音のなかでソウル・ファンに人気が高いのはソウルのカバー集"Gonna Take A Miracle"なんだろうか。ネットを見ている限り"Gonna Take A Miracle"が取り上げられることが多いように思う。

 しかし、僕の好みでいえばそいつは彼女の作品のなかではトップにはならない。

 だってローラ・ニーロは素晴らしい自分の世界を作れる人なんですよ。彼女がどうしても歌いたかった世界だとは思うけれど、これが一番いいって言ったら身も蓋もないじゃない。

 最高傑作はやはり「ニューヨーク・テンダベリー」、あるいは「イーライと13番目の後悔」----ただ、今日紹介する"Smile"もはずせない。

 「スマイル」と言えばビーチ・ボーイズの傑作中の傑作。だがローラ・ニーロのこの「スマイル」も忘れてしまっては困る。

 1976年、チャーリー・カレロのプロデュース。
 これだけでもう僕はうっとりだ。
 そう、1976年、チャーリー・カレロのプロデュース作品となれば山下達郎のソロ1st「サーカス・タウン」がある。

 山下達郎=ローラ・ニーロ=チャーリー・カレロ、この三題噺が持つイターナルな空間、僕はここから永遠に離れられない。
 もしかしたら単に偶然の産物かもしれないものが決定的な世界を構成する。それはあたかも三遊亭円朝の三題噺「鰍沢」のようだ。

 人の好みはそれぞれだが、僕にとってはこの"Smile"は最も好きな彼女のアルバム。"Gonna Take A Miracle"は遙かに後方にある。

 ローラ・ニーロのまさかの晩年となってしまった来日ツアー。全日程に山下達郎は同行したそうだ。僕の地元名古屋では辛いラーメンで有名な「味仙」に彼女を連れていったとか----完璧な三題噺=トリロジーはそのエピソードで昇華されていく。

 そうそう、このアルバムの一曲めは"Sexy Mama"、モーメンツのカバーです。

|

« 夏休み読書感想文4 Blue Eyed Soul | Main | 大発見か?! Peggy Scott & Jo Jo Benson »

Comments

だって達郎さんのSmileカンパニー、ガレージってこっちでしょ?
BBの方じゃなくて。

Posted by: kazzz3 | September 03, 2007 at 01:19 AM

Laura Nyro ぼくも当時夢中になったクチです。
New York Tendaberry の何とも言えない暗さとアクの強さにやられました。異様にリアルな感じがしたんですね。
でもGonna Take A Miracle のアルバムを聴いた時は救われたような気がしました。あ、ばくではなくて彼女がね。
ソウルをカバーしていることと、バックのラベル達に較べてあまりに歌が見劣りすることで。でもそのアンバランスが気になって繰り返し聴きました。で、それ以後の彼女は全く聴いていません。そのかわりというかLinda Lewis の登場で関心がそちらに向いてしまったせいかもしれません。

ところでカバー集と言えば、The Band の Moondog Matineeは忘れられない名作ですね。Soul ではないとことろがThe Band たるゆえんか?

Posted by: frisco | September 03, 2007 at 10:52 PM

Kazzz3さん
寡聞にして知りませんでした。達郎のSmileカンパニーはBBSじゃなくて、こっちから取っていたのか!

friscoさん
ローラ・ニーロは"Gonna Take A Miracle"(1971)を出して引退宣言するんです。
ある意味、燃え尽きて最後にやりたいことをやったのがあの作品なのかも。
それから5年、復帰作がこの"Smile"
派手さはない(それはいつものことか)けれで、本当に良いですよ。

Posted by: Sugar Pie Guy | September 05, 2007 at 12:18 AM

Smile 聴かせてください。

Posted by: frisco | September 05, 2007 at 08:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/16324882

Listed below are links to weblogs that reference とにかくいいんだ Laura Nyro:

» Laura Nyro 「Gonna Take a Miracle」(1971) [音楽の杜]
ローラ・ニーロの熱いR&Bカバー集 ローラ・ニーロは私にとっては全く未知のアーチストでした。たまたま昔のレココレを読み返していたところ、彼女の特集が目に留まり、気になっていたのですが。 そんななか先日新宿ディスクユニオンで、CD3枚1,050円コーナーを漁っていたところ、本作を発見。即買しました! まず気になったのはプロデューサーがなんとギャンブル&ハフ。フィリー・ソウルの大御所ですね。そして裏ジャケにはラベルが厳つい顔で映ってます。ラベルはパティ・ラベルをリーダーとした黒人女性3人組... [Read More]

Tracked on September 30, 2007 at 10:03 AM

« 夏休み読書感想文4 Blue Eyed Soul | Main | 大発見か?! Peggy Scott & Jo Jo Benson »