« 永遠のアレンジ Frankie Valli | Main | 素敵デザイン Ray Charles »

レコード大人買い Wilson Pickett

Wilsonpickett_atlantic1049 本日は遅出勤の申請をしてレコードバーゲンに行ってきた。

 かねて、みみっちい買い方しかしない自分を戒め「今日は100枚買うぞ」と意気込んでの出陣だったが、精算時に数えてみると260枚だった。

 LP36枚、シングル盤が224枚。

 ただしこの話にはタネがある。

 新宿のEという店のバーゲンで、先週までは「1999円以下のレコードがすべて200円、2000円以上のレコードは1000円引き」だった。
 これが今週から「1999円以下のレコードはすべて100円、2000円以上は変わらず1000円引き」になったのだ。

 我ながらみみっちいのは200円のときはぐっと我慢して、100円の今日出陣したこと。

 2000円以上のお皿には見向きもしない。どんどん100円皿を積み上げていった次第。我慢しきれず数枚2000円以上のも選んだけれど、というわけで金額はトータルしても3万円くらい。

 さらに、ここはソウルの専門店でもなんでもない。買ったなかでソウル皿は1/5くらい。
 加えて日本盤が殆ど。
 となると自慢できるようなものは殆どなく、ソウル専門店ではそもそも値段のつかないものが大半。

 冷静に考えると、そんなにお得ではないのかもしれない。

 ただし、こういうのは冷静に考えちゃつまらない。夢を大切にしなくっちゃ。

 というわけで今日買ったものから一枚。

Deborah / Down By The Sea Wilson Pickett (Atlantic DAT-1049)-1968-
※日本盤は「日本グラモフォン株式会社」より

 「サン・レモ音楽祭第4位」という惹句が楽しい。この音楽祭はシンガーを競うのではなく曲を競う。参加曲を二組のアーティストが歌って選んでいくもの。この「デボラ」というカンツォーネを歌ったのはピケットのほかに本国イタリアの歌手ファウスト・レアリという人だった---というような説明が裏に書いてあるが、イタリアをイタリーと表記しているところに時代を感じる。

 ただこの「デボラ」という曲、やっぱりピケットには合っていない。B面のほうが格段に好きだ。というわけで今日もそのB面を音貼り。

Down By The Sea / Wilson Pickett

 例によって聴くためにはReal Audio必須。音源はサーバから一ヶ月で落とすので聴きたい方はお早めに。

 当たり前だがピケットは凄いシンガーだよな。
 といった感じで260枚も楽しめる。夢があるバーゲンでした。

|

« 永遠のアレンジ Frankie Valli | Main | 素敵デザイン Ray Charles »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/16918121

Listed below are links to weblogs that reference レコード大人買い Wilson Pickett:

« 永遠のアレンジ Frankie Valli | Main | 素敵デザイン Ray Charles »