« 英国発 Real Thing | Main | 俺が愛した女(たち) Xscape »

ライド・オン・タイム W-Score

Wscore_buddy 「ソウル一日一枚」本日は臨時休業で、日本のHip Hop皿を紹介する。ただし一昨日からの3連の流れ。

 取り上げるのはW-Score(ダブル・スコア)。唄=SASA、ラップ=Tonyの二人組。SASAはExileの前身、J Soul Brothersのメンバーだったとか。

 と書いてみたものの、僕は門外漢なので、日本のラップというのはよくわからない。ただ、このお皿はけっこう気に入った。

Buddy / Ride On time W-Score (handcuts BAD-054)-2007-

 こいつを買ったのは山下達郎の"Ride On Time"のカバーが収録されているから。

 そんな大ネタをカバーするとはどんな強心臓なんだと驚いてオーダーしたのだが、しっかり歌っている。

 せっかくなので音貼りをしておく。

Ride On Time / W-Score

 例によってReal Audio必須、一ヶ月でサーバから落とすのでお早めに。

 話はわきにそれるが、現曲"Ride On Time"の思い出について、ちょっとだけ書いておく。

 Sugar Babe以降の山下達郎は「まったく売れていなかった」---これは幾分の幻想があり、僕も含め数多くの同世代リスナーがいるから、それなりに売れてはいたのだろうが、当時のファンにとっては「まったく売れていなかった」という気がしていたのは確かだった。
 それが変わったのが1978年~79年、「愛を描いて ~Let's Kiss The Sun~ 」が全日空のCMになり(注:そもそも達郎はCM曲の名人だったが、オリジナル曲が使われたのはこれがはじめてだった筈)、アルバム"Moongrow"はファンを超えて聴かれるようになっていた。そして1980年、日立マクセルのカセットテープのCMにこの"Ride On Time"が使われ、なんと本人が出演したのだ。
 それにはいろいろな意味で驚いたが、"Ride On Time"という曲の突き抜けた弾けかたには心底唸った。それまでの達郎については、美しくポップなメロディながらどこか暗く内省的なイメージがあったのだが、それがぶち切れたような---。

 このW-Scoreのお皿を聴いて、あの27年前のあっけにとられたような驚きを思い出した。

 さらに、この12インチシングルのタイトル曲"Buddy"も気に入った。途中のサビへのもっていきかたは、山下達郎そっくり。当て推量に過ぎないが、このW-Score、相当に達郎をリスペクトしているんじゃないだろうか。

|

« 英国発 Real Thing | Main | 俺が愛した女(たち) Xscape »

Comments

何年か前にサンソンでRIDEONTIMEばかりでの特番ありましてかかった覚えありますね。後クリスマスイブの山達サンプリングしてラップも誰かやってたね。なかなか良かったですね。

Posted by: hashi | October 09, 2007 at 09:40 PM

>山達サンプリングしてラップも誰かやってた
キック・ザ・カンクルーでしたっけ??
本人も認めてましたね。

Posted by: kazzz3 | October 10, 2007 at 11:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/16703866

Listed below are links to weblogs that reference ライド・オン・タイム W-Score:

« 英国発 Real Thing | Main | 俺が愛した女(たち) Xscape »