« 恐れ入りました James Brown | Main | イケイケ Sister Funk 2 »

90年代後半のJames Brown

Jamesbrown_afamilyaffair ヘンリー・ストーンが所有するJBの未発表曲集。

 といってもキング初期(この頃もヘンリー・ストーンが絡んでいた)のものではない。90年代後半に再び二人が交わった頃のもの。おそらくは97年もしくは98年と推察される。

A Family Affair various (Sequel NEECD314)-2007-

 「きっとそうだろうな」という予感は的中し、バックのサウンドは打ち込みであったり、ホーンをシンセで代用するようなもので、興を削がれる。

 じゃあ、駄目なのか、と言うとこれがそうでもない。むしろ、改めてJBの凄さを思い知る。

 声は充分に出ている。歌に凄みがある。リズム感はもちろん。

 JBのキャリアのなかでは平均的、厳しく評価すれば平均以下なのかもしれないが、凡百のソウル・シンガーと比べれば軽く凌駕している。

 ファンクはもちろんだが、バラード"That Lucky Old Sun"に痺れた。下手としか形容のしようのないバックだが、それをしのぐ歌。これぞソウルだ。

 ああJB。よもや彼が姿を消した世界を体験するとは思わなかったが、彼の歌はこうして今も聴くことができる。JBと同じ時代に生きることができたことを誇りに思う。

|

« 恐れ入りました James Brown | Main | イケイケ Sister Funk 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17180609

Listed below are links to weblogs that reference 90年代後半のJames Brown:

« 恐れ入りました James Brown | Main | イケイケ Sister Funk 2 »