« 充実したブラコン Dennis Edwards | Main | 永遠のアイドルの続き Ali Ollie Woodoson »

永遠のアイドル Ali Ollie Woodson

Aliolliewoodson_righthereallalong 僕の永遠のアイドル、アリ・オリー・ウッドソンについて話そう。

 前に書いた通り、僕は時代を共有してきたと思いこんでいるソウル・スターが二人いる。それはウィリー・クレイトンとアリ・オリー・ウッドソン。

 ウィリー・クレイトンの"So Tied Up"を聴かなかったら、あるいはテンプスの"Truly For You"でアリの声に出会っていなかったら、もしかして僕は今日までソウル・ファンで居続けることはなかったかもしれない。

 もちろんこちらの勝手な思いこみで、あちらには「お前なんかと時代を共有していないよ」と言われるだろう。

 ただし、ウィリー・クレイトンには一度も会ったことがないが、アリとは何度も出会っている。ステージを観たのは都合5回、そのうち2度は親しく話をする機会を得た。

 これは自慢なので、書いておくが、僕はアリとタクシーに乗ったことがある。しかもアリの隣だぜ!そしてホテルの彼の部屋でいろいろな話を聞いた。凄いだろ!--もちろん僕はちっとも凄くない。アリ様が凄いのだ。

 それはもう10年前のこと。そのとき彼からカセットテープを貰った。この録音をオフィシャルに発表したいんだと言われた。

 その録音を聴いてその質に驚くとともに、自分の無力さを思い知ることになった。これでも知っている限りのコネで働きかけたのだ。だが駄目だった。

 結局、この録音は2002年にアリの自己レーベルでCDとなった。

 それが今日、紹介するもの。

Right Here All Along Ali Olloe Woodson (Ollywood Records)-2002-

 音質の良いCDで聴けばなおさらアリの歌の深みがわかる。

 もうこれで、アリがシュレルズの(キャロル・キング&ゲリー・ゴフィン作の)"Will You Still Love Me Tomorrow"を歌っているんだぞ、とカセットテープを聴かせることもない。

 いま、改めて聴いているが、インディーズ作品と考えればその内容はずば抜けている。やはりアリは僕の永遠のアイドルだということを噛みしめている。

 なおジャケットに白く描かれているのはアリのサイン。2002年4月6日の名古屋公演が終わった後でサインしてもらったもの。
 

|

« 充実したブラコン Dennis Edwards | Main | 永遠のアイドルの続き Ali Ollie Woodoson »

Comments

このエピソードは羨まし過ぎます!!!
「Right Here All Along」は英Expansion盤を聴きまくりましたが、発売のアテも無い中での制作だったんですねぇ・・・それを知ると余計に素晴らしいデキの作品に感じますね。

Posted by: HEKA | November 29, 2007 at 06:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17209309

Listed below are links to weblogs that reference 永遠のアイドル Ali Ollie Woodson:

« 充実したブラコン Dennis Edwards | Main | 永遠のアイドルの続き Ali Ollie Woodoson »