« 続いていますな Soulful Thangs vol.7 | Main | この曲が気になって Mainstream »

アムステルダムの朝は早い Candy Dulfer

Candydulfer_liveinamsterdam 老いては子に従えというが、人生まったく勉強だ。

 先週、秋葉原(!)で開催された少人数参加の音楽イベントで、Keizoさんという若い方に教えてもらったのがこのお皿。慌ててゲット。

Live In Amsterdam Candy Dulfer (BMG 74321 826082)-2001-

 キャンディ・ダルファーはサックスを吹く白人女性。メイシオ・パーカーを含むJB'sと一緒にやったりしたこともある、つまりソウルフルな女性。

 しかし寡聞にして彼女のライブCDに、アンジー・ストーンが参加していることは知らなかった。

 そう、あの元バーチカル・ホールドのアンジー・ストーン。(というか今やピンの名のほうが有名だろう)

 歌うは、アイズレー・ブラザースの"For The Love Of You"。優れた楽曲というのは誰が演奏しても良いものだが、この曲、女声が歌ってもぐっとくるんだよね。

 キャンディ・ダルファーは歌も歌う。まずは彼女のサックスでメロディをなぞり、ちょいとコーラス。そしてアンジー・ストーンが登場するのだが、良い、すこぶる素晴らしい。
 「ジャージー」という言葉がなぜか嫌いで、積極的な褒め言葉で使うことは少ないのだが、ここは節を曲げて良い意味で使っておこう。ジャージーです。

 これが気に入って聴き進むと、どの曲もガッツがある。そしてメロウ。キャンディはソウル・マナーを知り尽くしている女性なんだな。
 
 このアルバム、タイトルが「ライブ・イン・アムステルダム」だが、キャンディはここオランダ、アムステルダム出身。あくまで故郷にこだわっているということか。もともとプリンスのオランダ公演のときのバックを勤めて、大きな話題になったそうだ。

 ところで今日のブログの見出し「アムステルダムの朝は早い」。今やぴんと来ない人が多いだろう。意味がわからない方は40歳以上の大人に尋ねること。
 こんな素晴らしいお皿を若い方に教えてもらいながら、年寄りは意地悪なのだ。

|

« 続いていますな Soulful Thangs vol.7 | Main | この曲が気になって Mainstream »

Comments

来年不惑の歳ですので、たいして若くはないのですが、この音源、気に入って頂けたようで嬉しいです。

アムステルダムの朝は早い
コーヒーのCMでしたっけ???

Posted by: keizo | November 19, 2007 at 09:07 PM

Keizoさん、まいど!

その通り、インスタントコーヒーのTV-CMでした。
まだ海外旅行が夢だった時代、そうか世界中の大都会でインスタントコーヒーを飲んでいるんだと思わせるシリーズでした。

ツービート時代のビートたけしが、「どこだって朝は早いんだよ」と突っ込んでいました。

Posted by: Sugar Pie Guy | November 19, 2007 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17045857

Listed below are links to weblogs that reference アムステルダムの朝は早い Candy Dulfer:

« 続いていますな Soulful Thangs vol.7 | Main | この曲が気になって Mainstream »