« 思いはあちこちに Mainstream | Main | ビッグバンド万歳 Buddy Rich »

頑張れ! Coop DeVille

Coopdeville_truthliesrelations 最近の愛聴盤。好感も持てる男性デュオ。

 最初聴いたときは、力不足だなと思った。

 ところが聴いているうちに、やろうとしていること、表現しようとしているものが、まごうことのないソウルだと気がつき好感が増してきた。

Truth, Lies, & Relations Coop DeVille(My Space 00528)-2007-

 CoopとDeVilleの二人組、とブックレットには記載されている。
 英語に暗いのでよくわからないが、70年代のPhilly Grooveに「The Coupe De Villes」というグループがあった。この響きにはなにか意味があるのだろう。

 味わいとしてはスウィート系グループに近い。ただし歌は案外とディープなところがある。残念ながら、ちょいと力不足だが、スウィート&ディープのブレンド具合がなかなか良い。

 さらに彼らの肩を持っておくと、曲、サウンド、歌いかたのどれもが良いので、欲として力不足と思ってしまうだけ。凡百のレベルからすれば、しっかりしたもの。

 良い曲が多いのだが、気に入ったのが"Here Comes The Rain"。全編にロジャーの"I Wanna Be You Man"をネタ使いしている。しかもトークボックスで。さらにラップも入る。

 かってのスウィート:甘茶のシンボルが、エレキ・シタールと語りであったように、現代のそれは、トークボックスとラップだと僕は思っている。

 さらにこの曲に続くのがオリジナルの"Wanna Be Your Man"ときては、その作為に感服。

 スウィート・ソウル・ファンにぜひ聴いてほしい一枚。
 ただしトークボックスが駄目とか、ラップが苦手なんていう頭の硬い方は除外ね。


|

« 思いはあちこちに Mainstream | Main | ビッグバンド万歳 Buddy Rich »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17077057

Listed below are links to weblogs that reference 頑張れ! Coop DeVille:

« 思いはあちこちに Mainstream | Main | ビッグバンド万歳 Buddy Rich »