« R&Bからソウルへ Poncello Records | Main | 90年代後半のJames Brown »

恐れ入りました James Brown

Jamesbrown_sayitlive JBの68年のライブ。JB好きだと公言しながら、これを聴いていなかった、お粗末。

 この音源は1998年に発掘されたもので、JBのライブはいろいろ持っているからなぁと見送っていた。ところが先日、よしき君がイベントに持ってきて聴かせていただき、自らの怠惰を深く反省。さっそくゲットいたしました。

Say It Live And Loud: Live In Dallas 08.26.68 James Brown (Polygram)

 まず音質が素晴らしい。JBの歌はもちろんバックの演奏まできめ細かく聞こえる。

 さらに怒涛のように代表曲が短い分数で続く。この流れが最高にかっこいい。
 演奏はオリジナルのJB'sではないが、いやいや凄い。やはりプロデューサーとしてのJBの見識と指導力の賜物だろう。

 これだけの録音がなぜ68年当時に出ていなかったのか。
 もしかしたら"Say It Loud,I'm Black And I'm Proud"の余波だったのかもしれない。68年はキング牧師が暗殺された年だ。
 JB自身も自伝で「これで俺は白人のリスナーをなくした」と言っているが、非黒人がJBショーを観るには命がけの覚悟がいったと推察される。熱烈なアフロ・アメリカンの支持を得つつ、それに困惑するミュージシャンとしてのJB、それがこのライブ録音がリリースされなかった理由なのかもしれない。

|

« R&Bからソウルへ Poncello Records | Main | 90年代後半のJames Brown »

Comments

今出ているJB録音関連のモノでは間違いなくもっとも良い音質だと思います。
JBを知らない人にも最初の一枚として十分おすすめできるし。

しかし、もしこのレベルのライヴを毎日毎日フツウにやっていたら・・・、と思うと、逆にゾッとします。

Posted by: よしき | November 30, 2007 at 08:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17169576

Listed below are links to weblogs that reference 恐れ入りました James Brown:

« R&Bからソウルへ Poncello Records | Main | 90年代後半のJames Brown »