« レトロ・ヌーボー味? Ebony Alleyne | Main | 欠けたピースが埋まる Ray,Goodman & Brown »

またまた怪しいものが Moments

Moments_urbanlegacy 後のレイ、グッドマン&ブラウンとなるモーメンツ。ところが、このモーメンツ、メンバーが総入れ替えになったことが二回ある。

 一つは彼らがニュージャージーのStangを離れた後に作られた新モーメンツ。モーメンツという名前はこちらが持っていると権利をふりかざし、そのため彼らはレイ、グッドマン&ブラウンと名乗らざるを得なかった。しかし、そうまでした出した新生(?)モーメンツは長く続かなかった。内容は良かったのだが。
 昔P-Vineからリイシューアルバムが作られたときに、この新モーメンツの録音がボーナスとして含められ、「こんな曲があったのか!」---「でも何か感じが違うぞ?」と不思議に思ったもの。

 さらにもう一つのモーメンツは、実はこれぞ本家本元。デビュー曲"Not On The Outside"(1968)という甘茶ソウル不屈の名曲を歌った4人組。ところが彼らはドラッグ漬けで品行不良、シルビア&ジョー・ロビンソンは彼らをクビにし、新たにメンバーを見つけてくる。そうして後釜に据えられたのがアル・グッドマン、ビリー・ブラウンともう一人、さらに異動があってハリー・レイが加わるのが1970年。

 このクビになった不良モーメンツでリードを取っていたのがマーク・グリーン。今年になって突如出てきたCDは、このマーク・グリーンが中心のモーメンツ。はっきり言えばニセモノ。

Urban Legacy The Moments (FAJR MG2201)

 1977年の録音。突出した曲はないが、どれも安心して聴ける。僕のフェイバリットはミディアムの"You Still Care"かな。

 しかし当時、モーメンツという名でこれをレコードとして出していたんだろうか。シルビア達が許すはずがない。あまりに影響力が小さくて耳にも届かなかったのかもしれないけど。(マーク・グリーンの本拠地ワシントンDCで活動していたのか?)

 どなたか経緯をご存じの方はお教えいただきたい。

 ちなみにメンバーを書いておく。Mark Greene、Solomon Cunningham、Hewitt Cunningham、Lorin Brown。

|

« レトロ・ヌーボー味? Ebony Alleyne | Main | 欠けたピースが埋まる Ray,Goodman & Brown »

Comments

全然分かってないので申し訳ないのですが

soulfulkindamusicのディスコグラフィによると
http://www.soulfulkindamusic.net/moments.htm

初期のメンバーは
Mark Greene, Richie Horsley and John Morgan
その後
William Brown, Al Goodman and John Morgan
その後はメンバーが書いてないのですが
William Brown, Al Goodman and Harry Ray
でしょうか。

アルバムを出してるグループとは別物と聞いた覚えが有る
Black Satin (members Frankie Crocker, Mark Greene, Richie Horsley and John Morgan)が
1972年にAstroscope 107で1枚出してるみたい。

1977年となると
Millie Jackson ( The Moments provide an uncredited backing)
と有りますが、これはどのモーメンツ?

Posted by: adhista | November 05, 2007 at 09:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/16955155

Listed below are links to weblogs that reference またまた怪しいものが Moments:

« レトロ・ヌーボー味? Ebony Alleyne | Main | 欠けたピースが埋まる Ray,Goodman & Brown »