« 90年代後半のJames Brown | Main | レポート Temptations Review »

イケイケ Sister Funk 2

Sisterfunk2 無茶苦茶イカしたコンピ、イケイケです。

 「イカす」も「イケイケ」も死語だが、まさにそうした言葉が似合う時代性がある。イナたくもかっこいい女性ファンクのコンピーレーション第2集。

Sister Funk 2 various (Jazzman JMANCD 016)

 恐れ入ったのは殆ど知っているシンガーがいないこと。女性シンガーに疎いということはあるのだが、それにしても、知らない人ばかり。

You're Doing It With Her / Rhetta Hughes
Love Addict / Honey And The Bees
Sweet Sweet Baby / Dolly Gilmore
What I Did In The Street / Barbara King
Follow The Wind / Coletta Woodson
Watch The Dog / Sandy Gaye
The Queen / Big Ella
Baby Your A Jive Cat / Sheila Wilkerson
A Woman Was Made For A Man / Richi Corbin Trio
Heartbreak Hotel / Barbara Trent
Take Me Baby / Althea Spencer
It's Not Too Late / Cheryl Johnson
I Don't Want Your Love / Barbara Howard
Wha Cha Need / Leon Mitchison
If You Want Your Man / Cheryl Dorsey
Muddy Waters / The Fabulettes
The Dance Man / Keisa Brown
You Better Stop It / Barbara Mason
Since I Was A Little Girl / Hard Drivers Feat. Vivian Lee
Love Came Into My Life / Florence Trapp

 何度も書いているが、女性シンガーが苦手なのは、コケティッシュに過ぎたり、そうかと思うと偽悪的に唸ったりする場合が多いからなのだが、ファンクとなれば話は違う。そんな歌の化粧をする間もなく、真っ向から歌う。

 かっこいい!

 やっぱりこれは黒人ならでは。ここではバーバラ・メイソンですらファンクしている。お奨めです。

|

« 90年代後半のJames Brown | Main | レポート Temptations Review »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17191835

Listed below are links to weblogs that reference イケイケ Sister Funk 2:

« 90年代後半のJames Brown | Main | レポート Temptations Review »