« こいつらは凄かった The Gablz | Main | 超お久しぶり Kipper Jones »

改めて聴いています Chapter 8

Chapter8_thislovesforreal ソウル/R&Bファンも世代によって好みが違うだろうと思う。もちろん嗜好の個人差も大きいが。

 80年代=20歳代だった僕にとっては、やはり80年代の音には郷愁を感じる。60~70年代のソウルが偉大なクラシックだったのに対し、新作にスリリングなものを感じていたから。

 90年代、たとえばニュー・ジャック・スウィングとかは辛かった。それなりに楽しんだのだが、自然体じゃなくて無理して聴いていた。老化の兆し。
 ちなみに現在は、そもそもシーンについていこうという気が失せた。完全な老化。

 と、いつも通り前置きが長くなったが、チャプター8のこいつを久しぶりに聴いて、ちょっと良い気分になっているのだ。

This Love's For Real Chapter 8 (BlueBirdRecords 3052)-1985-
※レーベル&番号はCDリイシューのもの。原盤はBeveryGlenRecords 10007

 たまに入るシンセ・ドラムの音が気にならないのなら、という前提付きだが、贅沢なサウンドだ。テクノロジーのコストが人件費を下回った現在では考えられないような音作り。

 男性ジェラルド・ライルズと女性ヴァレリー・ピンクスのツイン・リードもバラエティを加えている。

 特に殆ど同じ曲調の"It's My Turn"と"Don't You Think It's Time"をそれぞれリードを変えて歌い、さらにその2曲を続けて配置するというのは、その手があったのか!と感心するアイデアだ。

 偉大なアルバムではないのだろうが、これはこれで80年代を代表する傑作のうちの一枚だ。

|

« こいつらは凄かった The Gablz | Main | 超お久しぶり Kipper Jones »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17389195

Listed below are links to weblogs that reference 改めて聴いています Chapter 8:

« こいつらは凄かった The Gablz | Main | 超お久しぶり Kipper Jones »