« O.V.Box開封はしばし待て Tony Borders | Main | 2007年最後のレビュー Boyz II Men »

せっせとブログ更新 Little Milton

Littlemilton_weregonnamakeit 年末はいろいろと忙しかった。僕だけじゃないだろうけどね。

 このブログもクリスマス前後に更新をためてしまった。

 別に空白の日をそのままにしておいてもいいのだが、「ソウル一日一枚」とした以上、意地でも一日に一枚はなにかの音源を紹介するぞと、まとめて空白の日の分を埋めた。

 というわけで自己宣伝だが、キャピトル、リバティ、ミニッツのCDコンピを12/19から3日分としてアップした。興味のある方はこちらから。

 さらにその流れで、リトル・ミルトンのCheckerでの4枚目のアルバムを12/22分として書いた

 そんなわけで数日がその日付から離れてしまうのだが、リトル・ミルトンの1stアルバムを今日は取り上げる。

We're Gonna Make It Little Milton (MCA WMC5-241)-1965-
※上記はCD番号 原盤はChecker 2995

 ミシシッピ生まれのミルトンは1953年、プレスリーで知られるメンフィスのサム・フィリップスのSunで初吹き込み、この時19歳。Meteorというレーベルに移り2枚のシングルを出したあと、イリノイにやってくる。イースト・セントルイスのBobbinで7枚のシングルを出したあと、いよいよ同州のシカゴのチェスと契約。これが61年。

 そしてこのデビューアルバムを65年に出す。ミルトンは30歳を過ぎ、既にベテランと言えるキャリアを積み、文句なしの状態だったことだろう。

 ブルーズン・ソウルが彼の持ち味で、巨人ボビー・ブランドのスタイルを継承するものだが、ブランドほど大きく構えるわけではなく、直情に歌うところが個性。

 大ヒットでもあり、ソウル・クラシックのひとつ"We're Gonna Make It"が白眉。さらに、このジャケットのインパクトは凄い。

 

|

« O.V.Box開封はしばし待て Tony Borders | Main | 2007年最後のレビュー Boyz II Men »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17549058

Listed below are links to weblogs that reference せっせとブログ更新 Little Milton:

« O.V.Box開封はしばし待て Tony Borders | Main | 2007年最後のレビュー Boyz II Men »