« 三度目の正直 Twinightレーベル | Main | おっとアイズレー・マナー Sammie Relford »

レア盤をカップリング Soul Twins 2

Soultwinsvol2 なんだこの2枚のアルバムのカップリングは?という2 on 1のCD。

 このシリーズでは先にJJ バーンズ、デビー・テイラーの2 on 1が出ている。切り口はプロデューサーで、この二人の両作ともパトリック・アダムス制作。さて今回は---。

Soul Twins Vol.2 Gloria Barnes、The Chosen Few (Castle CMQCD 1546)

 収録されているのはグローリア・バーンズ嬢の"Uptown"と、チョーズン・フューの"Taking All The Love I Can"というMapleから出たアルバムに、後述するがおまけが一曲。
 今回もプロデューサーが切り口になっていて、共にジョニー・ブラントリー。

 グローリア・バーンズはNYの女性シンガーで、なかなかの実力者。ちょっとハスキーな声でディープに歌う。"Old Before My Time"にはぐっときた。オリジナル・アルバムは1971年作。

 チョーズン・フューはThe Adventuresと名乗っていたニューアーク出身の3人組だそうだが、"I can make your dreams come true"や"Sad Song"を歌っている連中と同じだろうか。甘いながらも深い魅力を持つ"I Can't Take No More Chances"が抜群。
 そしてこの曲、同じバックトラックで、リー・モーゼス(あのおデブちゃん)が歌っている。それもおまけとして収録されているのがニクい。

|

« 三度目の正直 Twinightレーベル | Main | おっとアイズレー・マナー Sammie Relford »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17344637

Listed below are links to weblogs that reference レア盤をカップリング Soul Twins 2:

« 三度目の正直 Twinightレーベル | Main | おっとアイズレー・マナー Sammie Relford »