« やっとスペンサー・ウィギンスが聴ける XL | Main | 通勤BGM Lightnin' Hopkins »

ああスペンサー Sound Of Memphis

Soulsoundsofmemphis 本年のKENTより先立つこと20年、このXLを発掘したのがVivid。昨日の流れで今日はそのCD版を取り上げる。

Soul Sounds Of Memphis Various (Vivid VSCD-017)

 なんといってもスペンサー・ウィギンスの"You're My Kind Of Woman"だ。いったいこの曲を何回聴いたことだろう。聴くたびに打ちのめされる。深い、あるいは広いという形容だけじゃない。歌のテクニックが凄いのだ。押すところ引くところ、ケレンを効かせるところ、ソウル・シンギングのお手本と言っていい。

 "Take Time To Love Your Woman"もいい。もちろん"I Can't Be Satisfied"を捨てるわけにはいかない。

 ソウルを聴くということはトーマス・マンの「トニオ・クレエゲル」をもじれば、ソウルを聴くということは業なのだ。その業を背負うということは、これらの曲を聴くことだ。反対にソウルを知らないというのは、こうした歌と無縁の人生を終えることだ。

 共に収録されているバーバラ&ザ・ブラウンズも素晴らしい。オリー・ナイチンゲールは彼の最高とは言えないが、もちろん悪かろうはずがない。

 このVivid盤を、今回の英KENT盤を並べると、おそらくKENTは先行するVividとの内容の重複を避けたのだと思われる。そうであるからこそ、この2枚はセットでなければならない。

|

« やっとスペンサー・ウィギンスが聴ける XL | Main | 通勤BGM Lightnin' Hopkins »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17285553

Listed below are links to weblogs that reference ああスペンサー Sound Of Memphis:

« やっとスペンサー・ウィギンスが聴ける XL | Main | 通勤BGM Lightnin' Hopkins »