« Malaco新旧の旧 Soul Chant | Main | P-Vineの25年(僕にとって) »

Malaco新旧の新 Floyd Taylor

Floydtaylor_youstillgotit ジョニー・テイラーの息子、フロイド・テイラーの2007年の新作。

 前作が2005年で、これで3枚目。J.T.の娘よりは歌がうまい(彼女は一度父親のアルバムに参加したことがあり、その下手さで僕の度肝を抜いた-笑-)。

You Still Got It Floyd Taylor (Malaco MCD7531)-2007-

 全般のサウンドは悪くない。いっときのマラコ特有のスリルの全くない音ではなく、適度にコンテンポラリーでありながら一定の緊張感はある。激しく興奮というところまではいかないが。

 フロイドの歌もうまくはないが味がある。この味は血統なのかも。

 通して聴くとなにか心が温まる。良いアルバムだと思う。

 話題はジョージ・ジャクソン作の"No One Should Be Lonely"。さすがに曲良し、ただそれが前に出すぎて、ついもう少し音が歌に絡んでくれたらと欲が出る。60~70年代のサザン・ソウルの音はやはり究極だったと思わずにはいられない。

 謎なのが、元パブリック・アナウンスメントのアール・パウエル作の”If You Catch Me Sleeping”。ディスク・ユニオンの黒汁通信12月号によると、スタン・モズレーの新作の収録曲と同じトラックとのことだが、それが見つけれない。2007年のスタン・モズレー作"Steppin Out"を聴き直したのだが---。Amazonでチェックしたら、すでに今年(2008年)の新作らしきものが売られていた。しかし曲名を見る限り違っているし。

 どなたかご存じの方、お教えください。

|

« Malaco新旧の旧 Soul Chant | Main | P-Vineの25年(僕にとって) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17761413

Listed below are links to weblogs that reference Malaco新旧の新 Floyd Taylor:

« Malaco新旧の旧 Soul Chant | Main | P-Vineの25年(僕にとって) »