« たまには定番を Soul Generation | Main | Malaco新旧の新 Floyd Taylor »

Malaco新旧の旧 Soul Chant

Soulchant マラコが最もディープだった時代の音源集。

 しかし、このタイトルとこの内容で「んっ?」と思った。

Soul Chant various (Soulscape SSCD 7006)

 日本のVividから出ていたLPが同じタイトル、同じコンセプトだった筈。今年成人式を迎え晴れ着の上にキラキラのファーをまとった女の子たちが生まれるか生まれないかの昔だけれど。

 てっきり、謝辞かなにかがあるかとブックレットを見たけれど見あたらない。偶然なのか確信犯なのか---。

Someone For Everyone / Betty & Charles
Can't Find Love / Betty & Charles
That's Why I Call You Mine / Betty & Charles
As Long As We Believe In Each Other / Betty & Charles
It's All Over / Betty & Charles
Loving And Kind / Betty & Charles
Somebody's Foolin' (Where We Been Roostin') / Betty & Charles
Soul Girl / Betty Johnson
Never Too Busy / Betty Johnson
Sunshine Man / Betty Johnson
No Good Man / Betty Johnson
I'm Praying / Charles Warren
Soul Chant / Charles Warren
I Can't Go Wrong / Eddie Houston
Simon Says / Eddie Houston
I Can't Go Wrong (Version 2) / Eddie Houston
That's How Much (I Love You) / Eddie Houston
I Won't Be The Last To Cry / Eddie Houston
Love Sure Is A Powerful Thing / Eddie Houston
Wwalk Through This World With Me / Eddie Houston
That's How Much (I Love You) (Alternate Version) / Eddie Houston

 ベティ&チャールズは本当に素晴らしいデュエット。ディープな男女デュエットとしてはこれを上回るものはあまりないのでは。

 "Soul Girl"を自称するベティ・ジョンソン、タイトル"Soul Chant"を猥雑に歌うチャールス・ウォーレン、そしてエディ・ホーストンの"That's How Much"に圧倒される(これは未発表別テイクも収録)。

 英国のサザン・ソウルのリイシュー熱はそれにしてもすさまじい。

|

« たまには定番を Soul Generation | Main | Malaco新旧の新 Floyd Taylor »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17761344

Listed below are links to weblogs that reference Malaco新旧の旧 Soul Chant:

« たまには定番を Soul Generation | Main | Malaco新旧の新 Floyd Taylor »