« ひたすらに耽美 Marc Nelson | Main | O.V.節 Roy Young »

至福の音楽体験 Miles Davis

Milesdavis_somedaymyprincewillcome 今日で3回目となる、秋亜羽原のDというオーディオ店でのイベントに参加してきた。

 通常営業が終わってから、皆が持ち寄った音源(CD、アナログ)をこの店の素晴らしいオーディオで聴くという、ふしだらな催し。

 僕はソウルの7インチを持って行ったのだが、さんざん聴いてきた筈のレコードから「えっ、こんな音が入っていたの?」という音が聞こえてくる。

 あまりに良い音に、この店に常備しているジャズのレコードが聴きたくなり、棚を調べて「これ聴かせて!」とおねだり。

 ビッグバンドで、白人トランペッター、ハリー・ジェイムスが率いる楽団の"Crazy Rythm"なんて嬉しかったなぁ。ビッグバンドをこんな素晴らしいオーディオで聴けるなんて滅多にない機会。
 ちなみにこの曲、コッポラの映画「コットンクラブ」で、黒人ダンサーのコンビ(ニコラス・ブラザースをイメージ)が歌い踊るシーンがあります。ぜひご覧ください。

 そして至福の一曲がこれ。

 マイルス・デイビスのアルバム"Someday my prince will come"。

 このなかから"Teo"を聴かせてもらった。

 マイルスが吹いたあと、コルトレーンが出てくる瞬間のスリリングさ。
 帝王と称されるマイルスだが、ここでは完全に若きトレーンの露払いを引き受けている。

 もう一人のサックス、ハンク。モブレーも好きだが、とにかくここでのトレーンの瞬発力は圧巻。その後、急速に老成する(ちょいと苦手)彼にもこんな時期があった。

 この曲への思い入れにはもうひとつ理由がある。

 この曲が録音されたのは、実は僕の誕生日なのだ。トレーンがグワーっと吹いた瞬間に僕は生まれてきた---と勝手に思いこんでいる次第。

|

« ひたすらに耽美 Marc Nelson | Main | O.V.節 Roy Young »

Comments

おそらく30年ほど前、名古屋でフィリーサウンドのレコードを買った。
たまたま松坂屋の北館に立ち寄ったらテクニクスのショールームが有ってレコードを聞かせてくれるという。スネアドラム(?)のシャリシャリ音にびっくりしたが家のステレオで聞いてみるとそんな音は聞こえなかった。
それからかなりして(田舎の)ジャズ喫茶で聞いたヘレン・メリルの息使いは2〜3M先で本当に歌ってる様だった。その後そのCDを買ったがやはり家のオーディオでは.....
音楽って制作者の意図した音を聞いてる事が稀なんだと思う。
だから著作権絡みの話は嫌いなんだろな。

Posted by: adhista | January 24, 2008 at 05:42 PM

なかなか、昨晩も楽しかったですね。
何回も聴いたけど、こんな音が入っていたのか
っちゅうのは失楽園で川島なお美の体を見て
「君はこんな体をしていたのか・・」というものに近くは無いか・・・(笑)

また来月も開催しますのでよろしく!!!!

Posted by: LOVE JONES | January 24, 2008 at 10:51 PM

お久しぶりです!僕はこのMilesのアルバム大好きです。スタンダードナンバーであるタイトル曲が凄く好きでそれが目当てで買ったのですがHank Mobleyは今のところサックスでは一番好きで、Wynton Kellyも今のところピアノでは一番好きなのでこのアルバムはまさにつぼでした。Sugarさんのこの日記を機にまたこのアルバムを聴きなおしてみようと思います!

Posted by: Airegin | January 25, 2008 at 02:12 AM

adhisataさん。
ありましたねぇ、ショールーム。
良いオーディオは大音量で聴かなければ投資した意味がない。
そうなると防音+音響対策の施されたリスニング・ルームが必要で、コストは○千万円以上---
もちろん、その途中段階もあるんですが、これを理由に諦めています。

Love Jonesさん、来月も参上します。

Aireginさん
マイルスはプレステッジ時代が大好きです---と書くと、黒豹さんに怒られそうだな。エレクトリック・マイルスを聴けと(笑)

もう一つのブログで当日の様子をレポートしています。
http://soulful.at.webry.info/200801/article_11.html

Posted by: Sugar Pie Guy | January 25, 2008 at 11:41 AM

今日なぜかここへ行き着きました。

次回もまた、だらだらとあんな雰囲気で楽しみましょう。皆さんの持ち寄る曲が刺激満載で、僕が1番楽しんでいる事は間違いないです、楽しみにお待ちしています。

もう1つのブログのTOP写真(黒亀さん)にやられてしまいました、完全に数年先が見えていますよね、あの目の先には。

Posted by: shibata | January 27, 2008 at 06:01 PM

shibataさん。
どんな経緯でこのブログに迷いこまれました(笑)?
2/6お邪魔します。そちら(仕事のお付き合い)も適度によろしく。

Posted by: Sugar Pie Guy | January 28, 2008 at 04:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17808107

Listed below are links to weblogs that reference 至福の音楽体験 Miles Davis:

« ひたすらに耽美 Marc Nelson | Main | O.V.節 Roy Young »