« 意志を感じる Terry Black | Main | たまには定番を Soul Generation »

南部料理 Southern Cookin'

Southerncookin 早いもので、これがP-VineからCDになったのは1998年、もう10年前のこと。

 決して大名盤とは言えないかもしれないが、なんとも愛すべき、捨てがたい魅力に満ちたアルバムだ。

Southen Cookin' Southen Cookin' (P-Vine PCD-1326)-1979-
※CD番号 オリジナルはPolydor

 ぎりぎり70年代の終わり、ディスコ旋風吹き荒れる時代。"Everything Is Disco"なんていう曲も含まれる。

 ああ~駄目じゃないのぉ、と思ったら大間違い。この"Everything Is Disco"が曲名とは全く裏腹に、落ち着いたミディアム・テンポの佳曲。素晴らしく味のある男性リードが聴ける。

 この男はJimmy Jules。とにかく経歴の長い人でニュー・オーリンズで古くから活躍。さらにはカーニバル、A-Betなどにシングルを残している。
 なお"Nothing Will Ever Change (This Love Of Mine)"、"Don't Let Yourself Go"、"Just One More Time"の3曲はKENTから出ているCarnival音源のコンピ3枚に一曲づつ収録されている。

 このジミー・ジュールズを中心とした男3人女2人の5人グループ。

 と、ここまでは褒めたが、もう一曲ディスコが名前に入るやつがある。"Disco Fiend"だが、これがなんとも煮え切らない凡庸な出来、しかもアルバムのトップ。こういうセンスのなさが、いかにも朴訥な南部人らしい(かな)。

 玉石混淆だが、"One Of Those Days"、"Let Me Be Good To You"など、かなり良いものもちゃんとある。
 "The Rainy Day"などはフリー・ソウル・ファンにもアピールするんじゃないだろうか。

 そうそう。セクハラばっちりのジャケットも忘れちゃいけない。クリックするとジャケット画像が拡大するので、とっくりと観察いただきたい。

 案の定、このあとが続かなかった一発屋のグループだが、こういう連中、こういうお皿があるからソウルは楽しいし素晴らしい。

|

« 意志を感じる Terry Black | Main | たまには定番を Soul Generation »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/17634320

Listed below are links to weblogs that reference 南部料理 Southern Cookin':

« 意志を感じる Terry Black | Main | たまには定番を Soul Generation »