« ビリヤード好盤 The Three Deuces | Main | ビリヤード名盤 "Baby Face" Willette »

オルガン・ジャズ "Baby Face" Willette

Facetoface 昨日からのネタ続き。ベイビーフェイス・ウィレット。

 ジャズ・オルガンではなんといってもジミー・スミスが大看板だが、さらに下世話(アーシー)なファンク臭さがあるということでこのベイビーフェイス・ウィレットもはずせない。

Face To Face "Baby Face" Willette (Blue Note)-1961-

 彼の名盤の一枚。代表曲"Swingin' At Sugar Ray's"のめまぐるしく細かいフレーズがたまらない。

 それはさておき、このアルバムのタイトル曲"Face To Face"を昨日取り上げたスリー・デューセズのライブ録音でカバーしている。

 単にオルガン・ジャズの古典のカバーというだけのようだが、少なくとも僕にとってはそうじゃない。

 その秘密は---明日に続く。

|

« ビリヤード好盤 The Three Deuces | Main | ビリヤード名盤 "Baby Face" Willette »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/40227137

Listed below are links to weblogs that reference オルガン・ジャズ "Baby Face" Willette:

« ビリヤード好盤 The Three Deuces | Main | ビリヤード名盤 "Baby Face" Willette »