« 深く細かい Philly Sound | Main | 濃厚な映像 Robert Nighthawk »

サム・クック系満載 Warm And Tender Love

Warmandtenderlove ボビー・ロビンソンが制作したFury、Enjoy録音のソウル集。

 もともとはP-VineがLP時代に出したものだが、今日とりあげるのはその強化版のCD。

Warm And Tender Love various (P-Vine PCD-24187)

 ボビー・ロビンソンの仕事と言えばまずはブルースがあがる。エルモア・ジェームスを筆頭に50~60年代の重要作の一部分を彼が担っていた。
 しかし同時に多くのドゥー・ワップ作品も残している。N.Y.という土地柄もあるだろうが、その感覚は大したものだ。

 そしてその彼が60年代にソウルに関わる。ここでおもしろいのは彼は商売ももちろん考えていただろうが、「こういうサウンドを作りたい=売りたい」という確固な意志を持っていたということ。

 それはずばりサム・クック・マナー。

 そこに彼の審美眼にかなったシンガーをはめ込む。Staxからデビューする前のオーティス・レディングを聴いたものの契約しなかったという逸話があるが、それを「聴く耳がない」とするのは酷で、そのくらい基準が高かったのだと思う。実際"These Arms Of Mine"を聴くや、オーティスに連絡をとったという(もちろん後の祭りだったが)。

 その結果として、素晴らしい作品群をソウルの歴史に残した。

 ただ残念なのは、時代がサム・クックのフォロワーを望まなかったこと。彼が手がけたブルース、R&Bのなかではセールス的には見劣りすると言ってもいいかもしれない。

 しかしソウル・ファンにとっては宝のような録音。ボビーがアーシー・ソウル(Earthy Soul)と呼ぶ音、それは即ちサザン・ソウルを核としたディープ・ソウル。
 ウィリー・ハイタワー、キップ・アンダーソン、ジョニー・コープランドといった名の知れたシンガーはもちろんだが、リッキー・ルイス、ビリー・ハンブリック、ジミー・アームストロング、そしてもちろんハリソン・ブラザース!と、どこを聴いても何かがある。

|

« 深く細かい Philly Sound | Main | 濃厚な映像 Robert Nighthawk »

Comments

Bobby Robinsonのレパートリーは広い。
ライトニン、エルモアからウィルバート・ハリスン、バスター・ベントン、リー・ドーシーにグラディス・ナイト、ノーブル・ワッツにキング・カーティスと、、、

15年ほど前にキャプリコーンからCD3枚組のファイア/フューリーボックスが出ていましたがかっこいいR&Bが満載です。

Posted by: frisco | February 14, 2008 at 11:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/40121352

Listed below are links to weblogs that reference サム・クック系満載 Warm And Tender Love:

« 深く細かい Philly Sound | Main | 濃厚な映像 Robert Nighthawk »