« 名盤 Aretha Franklin | Main | ダウンホーム Z.Z.Hill »

失意の男倶楽部 Bobby Bland

Bobbybland_bestofbobbyblandonmalaco とにかくここ一ヶ月はやたらと忙しい。そうなると聴くものも変化してくるのが我ながらおもしろい。

 ボビー・ブランド。ブルース/R&Bファンであれば、まずはDuke時代、さらにABC時代ということになるのだが、リアルタイムで聴き親しんだのは80年代後半以降のマラコ録音。

Best Of Bobby Bland On Malaco Bobby Bland (Victor VDP-5164)

 これはマラコ前半のベストCD。
 言わずと知れた"Members Only"で幕を開ける。サビの部分はキャロル・キングの"Will You Love Me Tomorrow"のパクリのような気もしないでもないが、やはり良い歌だ。

 僕の知り合いのレコード屋の親父が、当時アメリカに買い付けに行ったときの話。
 食事をしようと店に入ったら周りは黒人ばかり。場違いな日本人に奇異な視線が集まる。今更出ることもできず気まずくメニューをオーダーし、ふと見るとジュークボックスがある。「俺は黒人音楽ファンなんだ」ということをアピールできるチャンスかと曲を探すと、このボビー・ブランドの"Members Only"がある。コインを入れて選択。
 "Members Only"のイントロが流れた瞬間、黒人たちから歓声が沸き、笑い顔になったそうだ。

 ある時期、南部の黒人達のイコンともなった曲だということ。

 そしてそれに並ぶバラードがこの時期のブランドには目白押し。
 "Spending My Life With You"、"Second Hand Heart"などを聴くと、タイムスリップするような錯覚。
 ソウルの旬の時代には間に合わなかった僕には、これらの曲こそリアルなサザンソウル体験だった。

|

« 名盤 Aretha Franklin | Main | ダウンホーム Z.Z.Hill »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/40502278

Listed below are links to weblogs that reference 失意の男倶楽部 Bobby Bland:

« 名盤 Aretha Franklin | Main | ダウンホーム Z.Z.Hill »