« ダウンホーム Z.Z.Hill | Main | 本年度リイシュー Johnnie Taylor »

デトロイト発日本経由 H.D.H.

Hdhmarvelouscollections かって日本がソウル・ミュージックのお宝情報発信の中心だったことがある。

 僕はソウル・ミュージックの全盛期には立ち会えなかったが、日本がソウル研究の中心だった時代にはかろうじて間に合った。

 たとえばこんな一枚が平然と出されていたのだ。

H.D.H.' Marvelous Collections various (Vivid VS-1060)

 Invictus/Hot Wax音源。60年代Motownの出発の意志を正しく伝えた最高のレーベル。バリノ、エイスデイといったアルバム単位から漏れたもの(収録曲も含むが)のコンピレーション。

Can't Get Enough Of You / Tyrone Edwards
You Took Me From A World Outside / Tyrone Edwards
Give Me Just A Little More Time / Chairmen Of The Boad
Patches / Chairmen Of The Boad
(You've Got Me)Dangling On A String / Chairmen Of The Boad
Why Can't We Be Lovers / Holland-Dozier
New Breed Kinda Woman / Holland-Dozier
Want Ads / Honey Cone
The Day I Found Myself / Honey Cone
You Made Me Over / Melvin Davis
Colors Of Me Love / Silent Majority
Frightend Girl / Silent Majority
Something New About You / Silent Majority
That's Love / Hi-Lites

 タイロン・エドワーズ!"Can't Get Enough Of You"はスティーブ・マンチャと並んで遜色のないノーザン・ディープ・ソウル(原盤はInvictus 1269)。
 後年、鈴木啓志さんがこのタイロン・エドワーズ=タイロン・ピッケンズ=古くはトニー&タイロンなるデュオの片割れ=TNT名義もあり、という発見をして話題(狭いソウル・ファンの間だけだけれど)になった。

 チェアメン、ハニー・コーンは普通に聴くことのできる音源だが、こういうコンピで聴くのはまた格別。

 HDHの中核、Holland-Dozier、そして「ああ」と溜息をこぼさずにはいられないメルヴィン・デイビス。
 そしてサイレント・マジョリティ、最後にハイ・ライツ。

 全14曲とCD時代の今日からすればあっという間(曲も短いし)。しかし、こんなコンピで育つことができた僕らの世代のソウル・ファンは幸せだったとつくづく思う。
 もちろんフリー・ソウルのCDで育った世代だってそれなりに幸せなんだろうけれど。

|

« ダウンホーム Z.Z.Hill | Main | 本年度リイシュー Johnnie Taylor »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/40515751

Listed below are links to weblogs that reference デトロイト発日本経由 H.D.H.:

« ダウンホーム Z.Z.Hill | Main | 本年度リイシュー Johnnie Taylor »