« パクリも芸のうち Robert Ward | Main | イケてるジャケ Miami »

あまいきもち Optimistics

Optimisticsスウィート・ソウルの隠れた名盤。

中途にレアさが足りないせいか話題になることが少ないが、甘茶ソウルファンにはたまらない内容。

The Optimistics same (P-Vine PLP-6530)
※リイシュー盤、オリジナルはTurbo TU-7001

実力としては平均的なB級グループだと思うが、なんというかフットワークが軽い。べたっともたれかかってこない。こういう小粋さを引き出したのはプロデュースのジョージ・カーの力だろう。

この軽さはアルバムのボリュームにも出ていて、たったの7曲。25分ほどで終わってしまう。無理につまらない曲を差し込まない分、印象が良くなる。

そして軽さの最たるものがジャケット。

「録音も終わったし、ジャケットのデザインを考えなきゃ---メンバーの写真が簡単でいいよな。
ホワッツノウツも近くの公園で撮影したし、こいつらもその辺りで---。
う~ん、面倒だから今から裏庭に連れて行って撮っちゃうか。」

というノリだと思う。
メンバーが木に登っているのだが、夜間なのに照明が足りない。高校生が修学旅行の夜に撮ったような写真。

この軽さが僕は大好き。せっかくなので音貼りしておく。聴くためにはReal Audio必須、一ヶ月でサーバから消えるのでそのつもりで。

Say It Baby / The Optimistics

このギターの音、少し声を張り上げると割れてしまう録音。
これぞ、ジョージ・カー。これぞニュー・ジャージー録音。

ボルチモアの忘れがたい木登り連中だ。

後注:本日の表題「あまいきもち」は、P-VineからリイシューLPが出たときの邦題(1991年)

|

« パクリも芸のうち Robert Ward | Main | イケてるジャケ Miami »

Comments

持ってるけど、あんまり聴き込んでないんだよね、じつはcoldsweats01

Posted by: masato | May 01, 2008 at 09:16 AM

masatoさん

グレートなソウルではまったくないけれど、こういう連中もいるからソウルの層は厚い。
お気軽にお楽しみください。

Posted by: Sugar Pie Guy | May 04, 2008 at 10:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/41040357

Listed below are links to weblogs that reference あまいきもち Optimistics:

« パクリも芸のうち Robert Ward | Main | イケてるジャケ Miami »