« ブート盤初体験? Thompsons | Main | あまいきもち Optimistics »

パクリも芸のうち Robert Ward

Robertward_rhythmoftheworldオハイオ・アンタッチャブルのロバート・ワードの93年録音。

当時流行したワールド・ミュージック風の衣装で、これがソウルのお皿だと思う人は少ないだろう。

Rhythm Of The People Robert Ward (Black Top CD BT-1088)-1993-

ブルージーなギターをかき鳴らしながら、荒れた声でソウルを歌う。

あるときは深く響き、あるときは軽く流れていってしまう---僕には評価が定めかねる一枚。

全体がディープ・ソウルへのオマージュになっているのが珍妙。たとえばこの曲を聴いていただきたい。
(試聴にはReal Audioが必要、一ヶ月でソースをサーバから落とすのでお早めに)

Say What You Mean / Robert Ward

もちろん、オーティス・クレイの"That's How It Is"のカバーというか、パクリ。作曲クレジットが自分になっているのはいくらなんでもまずいでしょ(笑)。

|

« ブート盤初体験? Thompsons | Main | あまいきもち Optimistics »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/40986786

Listed below are links to weblogs that reference パクリも芸のうち Robert Ward:

« ブート盤初体験? Thompsons | Main | あまいきもち Optimistics »