« 南半球ライブ Manhattans | Main | 近況報告 Sam Moore »

夢のかたち Gerald Alston

Geraldalston_singssamcooke 人にはその人だけの夢があるだろう。

 だが夢には望んでも叶わぬものと、形だけならできるものがある。

 いつかひとつ小説を書いてみたい、という夢があるとする。この夢を形だけ実現するのは簡単だ。原稿用紙数枚の私小説風とかショートショートを書けばいい。
 「自分が満足するような」という形容が伴うことで、これは夢になる。

 ジェラルド・アルストンというシンガーにとってサム・クックのカバー集を作るというのはこの類ではないかと思う。
 彼ほどのシンガーならいつだって形にはできる。

 だが、それを作品として残すとなれば、いかほどの決意がいることだろう。二度はないのだ。

Sings Sam Cooke Gerald Alston (Love Song Touring 0193)-2008-

 ジェラルドの声は決して衰えていない。丁寧に愛情を込めて歌われたサム・クック集、これは良いね---というだけで、すませられない。

 ライナーで、ジェラルドはさらりとだがこう書いている。

To Al Goodman a True friend who helped this project,my life's dream come true.

 アル・グッドマン(もちろんモーメンツ~R,G&Bのメンバーの彼、先日のマンハッタンズのライブの後、あのアルだよねと直にジェラルドに問いただした)はこのアルバムのプロデューサーをやっているが、彼がジェラルドに踏ん切りをつけさせたのかもしれない。

 夢をかなえるときは今だと。

 録音はニュー・ジャージー。サックスにジェフ・アルブライト、ギター(一部だが)にイーバン・ブラウン。歌うのはジェラルド、歌われるのはサム・クック。
 僕はここにあげた土地や人名に心を動かされずにはいられない。

 ソウル・ミュージックはサムからはじまった。
 それを受け継ぐジェラルド・アルストンというシンガーはこれからどこへ向かうのか。
 夢の彼方にさらなる夢があるのだと信じたい。

|

« 南半球ライブ Manhattans | Main | 近況報告 Sam Moore »

Comments

超遅すぎレスですが、、、

最近、HMVで日本盤レコの2割引をしてたので、フラッと眺めていたら、何とManhattansのコロンビア3枚目
つまりKiss & Say Goodbyeのやつ! を発見したのです。
全然知りませんでしたアレが日本盤でリイシューされていたなんて、、、

あわててゲットしましたが、知ってました?

Posted by: frisco | September 14, 2008 at 10:01 PM

friscoさん

そう言われてみれば、たしかSONYのソウル名盤シリーズのカタログで見たような気がします。

Posted by: Sugar Pie Guy | October 06, 2008 at 01:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/42370647

Listed below are links to weblogs that reference 夢のかたち Gerald Alston:

« 南半球ライブ Manhattans | Main | 近況報告 Sam Moore »