« 夢で逢えたら シリア・ポール | Main | 怪人 Mask Man »

Genesis The Soul Children

Soulchildren_genesis ソウル・チルドレンのStaxにおける最後のアルバム。

 プロデューサーはジム・スチュアートとアル・ジャクソン。熟成しきったStaxサウンドに彼らの声が乗る。

Genesis The Soul Children (Stax STS-3003)

 バラードに、ジャンプにあまりに濃厚な曲が続き、聴くほうも相当な体力を要するアルバム。そのなかでもハイライトは重厚に歌いこまれた"Don't Take My Sunshine"から、サム&デイブの"Soul Man"調の"Hear Say"へと続く部分だろう。

 この後も濃密なソウル。強いていえば"I'm Loving You More Every Day"の歌い出しの女性(シェルブラ・ディーンか)が少し調子をはずすところが愛嬌。

 この後彼らは3人組となりEpicから"Finders Keepers"を出す。どちらもどちらの名盤だが、やはり4人である本作はコーラスにおいては微妙なニュアンスに富んでいる。まさかの再結成(4人)のハーモニーを聴いて、改めてその差に気がついた。

|

« 夢で逢えたら シリア・ポール | Main | 怪人 Mask Man »

Comments

はじめまして。
何故だか、私もこの頃The Soul Childrenが気になってCDを引っ張り出したりしています。勘違いでなければSTAXでは、もう一枚"Friction"がありますね。"I'll Be The Other Woman"がお気に入りです。

Posted by: aij | November 23, 2008 at 03:02 PM

>ソウル・チルドレンのStaxにおける最後のアルバム

またまたあ!
Friction(1974)がありまんがな。
あと、Open Door Policy は1976のStax録音だけど

でもまあ、このアルバムが一番いいかな〜

不倫ソングを集めたコンピ If Loving You Is Wrong に収録された I'll Be The Other Woman は快唱だったね殆ど独唱だけど、、、(Frictionに収録)

Posted by: frisco | November 23, 2008 at 08:18 PM

ご指摘を頂き赤面。
"Friction"を忘れていました。
こっちにレコード/資料を持ってきていない---というのは言い訳で、とにかく物忘れが激しい。
歳のせいなのか、単にボケたのか?

> friscoさん
ご紹介の不倫ソングコンピ"If Loving You Is Wrong"、僕も買いました。
あの曲も不倫ソングなのか?ってのが収録されていましたね。

Posted by: Sugar Pie Guy | November 24, 2008 at 05:39 PM

>僕も買いました。

僕は買っていません。
聴いたのはあなたが買ったやつをですな、汗ヽヽ

Posted by: frisco | November 24, 2008 at 06:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/43197705

Listed below are links to weblogs that reference Genesis The Soul Children:

« 夢で逢えたら シリア・ポール | Main | 怪人 Mask Man »