« 08年ベスト・ルーキー Leonald Julien III | Main | 三越伊勢丹グループ その1 »

スタイル変幻 西田佐知子

Nisidasatiko 突然、西田佐知子が聴きたくなりCDを入手。

 僕は昭和30年代後半生まれにもかかわらず、同時代の歌謡曲にまったく無関心だった。

 そもそも育った家庭がクラシック音楽一辺倒で、幼少の頃は歌謡曲など音楽ではないと思っていた。まったくガキの頃からバカだったというわけで恥ずかしい。

 中学にあがると洋楽に心惹かれ、高校を出る頃にソウルと出会い、そっちを聴くのに忙しく、歌謡曲に興味が出てきたのは30代を超えてからと、晩稲(オクテ)だった。

 一番ショックを受けたのが10年前に出た作曲家筒美京平のBOX(二箱)。リマスターされた音質で聴く歌謡曲はキッチュな魅力に溢れていた。

 その筒美京平BOXのなかでも最も素晴らしいと感じたのが西田佐知子の「くれないホテル」。

 このBOXは実家に置いたままで、突然「くれないホテル」が聴きたくなり、どうせならと西田佐知子のCDを買ったというわけ。

Best & Best 西田佐知子 (ユニバーサルミュージック DCT-773)

 例によって素っ気ないCDで、収録曲のデータは作詞と作曲のクレジットがあるだけ。せめて何年の録音なのかくらい書いておけばいいじゃないか。まったく日本の歌謡曲は送り手の愛情が少ない。

 それはさておき、聴いて驚いたのは西田佐知子というシンガーのスタイルの多様性。ムード歌謡あり、エキゾティックなものありとバラエティに富んでいる。

 代表曲「アカシアの雨がやむとき」で「雨にうたれてこのまま死んでしまいた ~ 冷たくなった私を見つけてあの人は涙を流してくれるでしょうか」と恨み節を語ったと思えば、「コーヒールンバ」では「昔アラブの偉いお坊さんが」と言い出す。

 突如"Disco Lady"を歌ったジョニー・テイラーなど、これに比べればスケールが小さい。まったく歌謡曲はおもしろい。

 せっかくなので二曲をお聴きいただこう。

コーヒー・ルンバ / 西田佐知子

くれないホテル / 西田佐知子


 「コーヒー・ルンバ」はイスマエル・リベーラが歌うコルティーホ・イ・ス・コンボの演奏でよく聴いたが、西田佐知子版について今の今まで歌い出しは「昔アラブの偉い王様が」だと思いこんでいた。本当は「昔アラブの偉いお坊さんが」。う~む、何十年もそう信じてきたのに。それにしてもイスラームのイマームをお坊さんと呼ぶのだろうか。通常は導師と訳すが。

|

« 08年ベスト・ルーキー Leonald Julien III | Main | 三越伊勢丹グループ その1 »

Comments

あれ~私も「アラブの偉い王様」だと思っておりました。
なんとなく口をついて出たこの歌のことが気になって、まさに「昔アラブの偉い王様が」で検索したらこのページに辿り着きました。~面白いものですね。

ちなみに私も昭和30年代後半生まれ、自分の時代はフィンガーファイブあたりから松田聖子全盛時代、ほれ込んで聴いたのはオフコースでした。

Posted by: ch.F | May 13, 2009 at 05:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/43858132

Listed below are links to weblogs that reference スタイル変幻 西田佐知子:

« 08年ベスト・ルーキー Leonald Julien III | Main | 三越伊勢丹グループ その1 »