« Living Proof "Living Proof" | Main | 【USBDG 002】 Ray Charles »

Booker Newberry III "Love Town"

Booker_newberry_iii_love_town 突然この人が聴きたくなり、棚から引っ張り出してきた。

 84年、日本ではキャニオンから出た不思議なジャケットのアルバム。

Love Town Booker Newberry III (Montage C25Y0062)-1984-

 先にこの日本盤について記しておくと、大瀧詠一の「A Long Vacation」(1981)の空前のヒットなどの影響で当時、50's風のデザインが流行っていた。
 しかし流行っていたから適当に、というのではないと思う。このアルバム、妙に手間をかけているのだ。

 裏ジャケットはこれ(クリックすると拡大します)。

Bookernewberry_backjacket





 ブックレットもこんなデザインで、桜井ユタカさんの解説もピンクがバック(笑)。さらに販売時はこんなシールも貼られていた。

Bokkernewberryseal





 キャニオンとしてはこのブッカー・ニューベリーを相当プッシュしていたのだと思う。ただその方向性を誤ってしまった(笑)。

 内容が後になったが、ブッカー・ニューベリーは80年代末期から90年代に一つのムーブメントとなった「歌える男性シンガー」の先駆け。グレン・ジョーンズやシェリックほど歌がうまいわけではないが、リーバイ・スタッブス似の声質でシャウトするときはちょっぴりウィルソン・ピケットっぽい、つまり魅力的なシンガー。

 オハイオ出身でSweet ThunderというグループでAtlantic傘下のWMOTからアルバムを1枚、さらにFantasyから2枚(78/79年)出している。

 そしてソロとしてのデビューアルバムがこれ。フィラデルフィア録音、プロデュースはボビー・イーライ。

 タイトル曲"Love Town"が英国でヒットし、そこにキャニオンが目をつけたのかもしれない。同タイプの"Attitude"、"Teddy Bear"などのリズム・ナンバーが良い。

 youtubeで検索したら当時のビデオクリップがあった。ジャケット裏の写真の通り、ブッカーは巨漢だが、それでいてなかなか軽やかにステップを踏む。


 

 

|

« Living Proof "Living Proof" | Main | 【USBDG 002】 Ray Charles »

Comments

これってセルメンのNever Gonna Let You Goが流行ったんで、日本でこれだけプッシュされたような…当時の記憶があいまいです。
Shower Of Loveもオッシャレーな曲。
内輪で流行りました。

ところでAMGを見るとWMOTのImpact(Damon Harrisの方)にも在籍していたとの記載があります。
http://www.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=11:axfuxqlgldse~T1
多分セカンドよりも後でしょうか。持ってないので確認できませんshock

Posted by: sugarfoot | August 01, 2009 at 09:05 AM

sugarfootさん、応答が遅くなりました。

Shower Of Love、確かにオッシャレーですね。ニューベリーの太い声がクリスタル感台無しにしてますが(ソウル・ファンにはOK)。

来週、Sweet Thunderのアルバムを取り上げましょう。
(Impactの件は初耳でした)

Posted by: Sugar Pie Guy | August 08, 2009 at 10:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/45788264

Listed below are links to weblogs that reference Booker Newberry III "Love Town":

« Living Proof "Living Proof" | Main | 【USBDG 002】 Ray Charles »