« Harvey Scales "Confidential Affair" | Main | 七夕の夜 ソウルバー「Quinvy」 »

Harvey Scales "Somebody Else's Somebody"

Harvey_scales_somebody_elses_somebo ハーヴェイ・スケールスの97年録音。

 これが現在のところ彼の最新作ということになると思う。

Somebody Else's Somebody Harvey Scales (4-Sight FS-5546-2)-1997-

 時期的に、ブルースを少しおりまぜている。ただそれが得意じゃないことは本人も理解しているのだろう、ほんの僅か。
 そうした背景も踏まえ、さらにただでさえヨレ声の歌の力は落ちていると書くと、つまらないお皿のように思われるかもしれないが、なかなかどうして良い。

 タイトル曲"Somebody Else's Somebody"や"Giving U What U Want"など、そのヨレ声がなんとも味わいを出している。暖かい人柄が伝わってきて僕は気に入っている。

 もちろん、会ったこともないのに人柄が暖かいかどうか知るはずがない。実際は薬漬けの凶悪な男なのかもしれない(違ったらスマン)が、架空の人柄を歌で作り出すのが芸。
 つまり、自分の生き方を素直に伝えるのも、あるいは虚の姿を現出せしめるのも、どちらにしても歌の芸で、ヨレていたって芸力はなかなかのものだということ。

 ハーヴェイの歌はボビー・ウォマックに似ているが、曲によってはボビー以上の魅力を出す。このアルバムにはウィルソン・ピケットが歌った不朽の名作"I'm In Love"のカバーが入っている。作者のボビー自身も録音しているが、小さくまとまりすぎている感がある。むしろヨレまくったここでのハーヴェイのカバーが僕は好きだ。オリー・ナイチンゲールの超絶カバーの次席に座っていただこうと思う。


|

« Harvey Scales "Confidential Affair" | Main | 七夕の夜 ソウルバー「Quinvy」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/45597138

Listed below are links to weblogs that reference Harvey Scales "Somebody Else's Somebody":

« Harvey Scales "Confidential Affair" | Main | 七夕の夜 ソウルバー「Quinvy」 »