« Cheatin' In The Next Room / Otis Clay | Main | Cheatin' In The Next Room / George Jackson »

Cheatin' In The Next Room / Jesse James

Jesse_james_i_can_do_bad_by_myself Cheatin' In The Next Roomネタ二日目。

 この曲が本来は哀切な内容だということは昨日書いた。

 だがそれがなぜ、こんな軽快に歌われるのか。そのルーツはやはりブルースに近いのかもしれない。本当のやりきれなさ、哀しさは時として裏返る表現になる、それが人間の性であり、そこを衝くからブルースは心に刃を刺すのだ。

 "Cheatin' In The Next Room"は80年代、90年代を生き抜くソウルのスタンダードになったが、この曲のカバーの多くが、あるグルーブで歌われたきたこと、あるいはそのグルーブで歌うのにまことに適切な曲がこれだった、ということがあると思う。

 そのグルーブとは「タイロン・デイビス調」。

 いまだにサザン・ソウルでは繰り返される不滅のグルーブだが、このタイロン調が定着したのが、まさにZ.Z.ヒルやデニス・ラサールがマラコ入りした80年代初頭だった。
 デニス・ラサールの"Lady in the street"を聴いていただくことで説得力が増すと思う。

 おもしろいのはこのタイロン調の流行の場が南部であるのに対し、一大産地がシカゴであること。オーティス・クレイから、ウィリー・クレイトンに至るまでこの例は多く、さすがにタイロン・デイビスのお家芸であると感心する。もっともさすがに最近は南部の現地生産が盛んだが。

 というわけで、今日はジェシ・ジェイムスのライブによるカバーをお聞きいただこう。

Cheatin' In The Next Room / Jesse James

↑9分ほどの長尺なので読み込みに少々時間がかかるかも

 これが収録されているのは次のアルバム(CDにもなっているのでCD番号を記載する)。

I Can Do Bad By Myself Jesse James (Gunsmoke SMO-001)

 ジェシ・ジェイムスも初期にシカゴで録音しているし---というのはちと苦しいな。このGunsmoke盤はおそらくウェスト・コースト録音。

 それにしても素晴らしい雰囲気のライブ。
 この客席の盛り上がりがチトリン・サーキットのそれなのだろう。世俗のゴスペル教会の高揚で、こんな場に居合わせたら座りションベンちびっちゃうね、僕は。

|

« Cheatin' In The Next Room / Otis Clay | Main | Cheatin' In The Next Room / George Jackson »

Comments

>そのグルーブとは「タイロン・デイビス調」。

タイロン・デイビスは私の中ではNo.2ですからこのグルーブにはどっぷりです〜。

>もっともさすがに最近は南部の現地生産が盛んだが。

南部の現地生産かは知りませんが
最近のサザンソウルのヒット曲では以下がそんな雰囲気かと
Forbidden Love Affair / Vick Allen
I Ran A Good Man Away / Lacee
Man Enough/Karen Wolfe

http://blog.livedoor.jp/adhista/
で聞けます。

Posted by: ad | August 22, 2009 at 12:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/45994574

Listed below are links to weblogs that reference Cheatin' In The Next Room / Jesse James:

« Cheatin' In The Next Room / Otis Clay | Main | Cheatin' In The Next Room / George Jackson »