« Ray Charles "A Message From The People" | Main | 【USBDG 003】 Jackie Wilson »

Curtis Mayfield "Something To Believe In"

Curtis_samothing_ 興味深いカーティスの80年作品。

 昨日のニュー・ソウル時代のレイ・チャールズから、なんとなくこれを取り上げる気になった。

Something To Believe In Curtis Mayfield (Curtom 3077)-1980-

 ニュー・ソウルのムーブメントは遠く、ソウルの時代も終わろうとしていた時期。天才カーティスにとっても、やるべきことを見失っていたのだろうか。散漫な内容。

 しかし、それでも聴きどころがたくさんあるのは、稀有な音楽職人であるカーティスならでは。さらに、方向性が定まらないゆえに、このアルバムから読みとれる事があると思っている。

 楽曲的にはカーティスの最高作の一つ"Trippin' Out"がある。

 インプス時代の"It's Alright"のリメイク。以前からライブで演っていたように間にこれまたインプス時代の"Amen"をはさむもの。カーティスのまだ幼い実子をコーラスに参加させており、微笑ましくはあるが出来は凡庸。

 興味深いのはジョニー・エースの"Never Let Me Go"のカバー。これはカーティスを理解するときに非常に重要なものだと思う。
 まずカーティスはありあまるソング・ライティングの才がありカバーは少ない。さらにこの曲をカーティスがカバーするのは二度目になる。最初はインプス時代、それも実質的なカーティス&インプスのスタートとなるABCでの1stに収録されている。
 二回のカバーを比べると出来は圧倒的にインプスのものが上。こちらのカバーは、どうしてこんな形でと思うほどおもしろくない。
 おもしろくないからこそカーティスのファンとしては深読みしてしまう。若きカーティスはどんな思いでジョニー・エースを聴いていたのか、ソウルの時代の終わりにどんな思いでこの曲を歌ったのか。彼の原点回帰、再出発だったのか、単なる埋め草だったのか。

 その他の曲も玉石混淆。まとまりのないアルバムだが、カーティスの熱狂的なファンである僕には「無人島に持って行くレコードの一枚」なのかもしれない。

|

« Ray Charles "A Message From The People" | Main | 【USBDG 003】 Jackie Wilson »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/45865681

Listed below are links to weblogs that reference Curtis Mayfield "Something To Believe In":

« Ray Charles "A Message From The People" | Main | 【USBDG 003】 Jackie Wilson »