« 【USBDG 002】 Ray Charles | Main | Ray Charles "A Message From The People" »

Ray Charles "Doing His Thing"

Ray_charles_doing_his_thing ABC時代のレイ・チャールズの諸作のなかでも注目すべきアルバム。

 このアルバム、全10曲をジミー・ルイスが書いており、しかも内容も相当に良い。ソウル・ファンならば放っておけないお皿だろう。

Doing His Thing Ray Charles (ABC 695)-1969-

 一曲目の"The Same Thing Can Make You Laugh (Can Make You Cry)"、セカンドラインっぽいリズムで始まったと思いきや、途中のアーバンな転調、グルービーなオルガンと最高にイカしている。
 器用なレイは"You Ought To Change Your Ways"、"I'm Ready"といった曲ではサザン・ソウルのフレイバーをまき散らす。

 そして話題の中心となるのが"If It Wasn't For Bad Luck"。アーシーなファンクをジミー・ルイスとデュエットする。どこかラテン・フレーバーを感じさせるところもかっこいい。

 その実力の割に全盛期は寡作と言っていいジミー・ルイスだが、その彼を見出したのはレイ・チャールズだった。いわばソウルの師弟関係。ABC時代のレイはポップス~カントリーだと軽く見ると痛い目にあうという好盤。

|

« 【USBDG 002】 Ray Charles | Main | Ray Charles "A Message From The People" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/45839586

Listed below are links to weblogs that reference Ray Charles "Doing His Thing":

« 【USBDG 002】 Ray Charles | Main | Ray Charles "A Message From The People" »