« Chuck Jackson "Motown Anthology" | Main | Temptations "In Japan" »

訃報 Johnny Carter

Dells_mightymighty デルズのジョニー・カーターが亡くなった。

 迂闊にもそれを知ったのは昨日。ネットから記事を引用する。



アメリカのヴォーカル・グループ、デルズのメンバーとして知られるジョニー・カーターが8月21日、肺がんのためイリノイ州ハーヴェイの病院で死去した。享年75歳。
 
 1934年にイリノイ州ハーヴェイに生まれたジョニー・カーターは、1952年に聖歌隊の仲間と共にドゥーワップ・グループ、フラミンゴスを結成。“Golden Teardrops”といったヒット曲を生み出すものの、1957年に兵役のために脱退。1960年にはジョニー・ファンチェスの後任としてデルズに加入し、グループは、カーターの美しいファルセットとマーヴィン・ジュニアのバリトン・ヴォイスを武器に次々とヒット曲を放ち、その地位を揺るぎないものとした。その後も息の長い活動を展開し、2004年には〈Rock And Roll Hall Of Fame(ロックの殿堂)〉入りを果たしている。

 デルズは僕にとって、なんとも扱いにくいグループだった。

 圧倒的な存在感、しかしそれゆえに、アルバム一枚を聴き通すとへとへとに疲れてしまう。

 その印象は、1989年の来日ステージを観て変わった。
 そこにいたのは、力の限り観客を楽しませようとする、根っからの芸人たちのパフォーマンス。
 識者には前回の来日時から力が落ちたと評されたが、僕には充分だった。

 そしてその頃からデルズは何回目かの絶頂期を迎える。90年代に出された録音を、70年代の諸作と比べるのは酷だが、しかし凡百を凌駕する力に満ちていた。

 ジョニー・カーターのことを思いながら、なにを聴こうかとしばし迷った。

 選んだのはあまりに普通のチョイス。Cadetでの"Mighty Mighty Dells"。

 ジョニーはかって南部でO.V.ライトとゴスペル・グループを組むんでいたと読んだことがある。
 50年代にはフラミンゴスに参加。
 そしてデルズ。

 ゴスペル~ドゥー・ワップ~ソウル、R&Bの変遷を生き抜いた、稀有なハイテナー・シンガーだった。
 彼はいまはどこで歌っているのだろう。

|

« Chuck Jackson "Motown Anthology" | Main | Temptations "In Japan" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/46103474

Listed below are links to weblogs that reference 訃報 Johnny Carter:

« Chuck Jackson "Motown Anthology" | Main | Temptations "In Japan" »