« Temptations "In Japan" | Main | 今日はズル The Dells "They Said It Couldn't Be Done But We Did It... " »

The Dells "They Said It Couldn't Be Done But We Did It..."

Dells_they_said_it_couldnt_be_done 誰もが無理だと言ったことを成し遂げた--フィリー録音に挑戦したデルズがまさにそうだ。

 コーラス・グループの最高峰であるデルズ。
 シカゴのグループでありながら、その重厚さはデトロイトっぽい。そんな印象を持ってしまうのはドン・デイビスが制作に絡んだ諸作の印象が強いからだろう。

 だが、そのデルズがフィリーで録音したら?

 ええっと、それってテディ・ペンダーグラスがリードをとるハロルド・メルヴィン&ブルーノーツの音になっちゃうんじゃないの?という予測は---まさに当たり。

They Said It Couldn't Be Done But We Did It... The Dells (Mercury 1145)-1977-

 テディをリードとしたブルーノーツが手本としたのがデルズだった。その先生がフィリーを詣でるのだから、スタイルはまさに「そのまま」。

 バックも全盛期のフィリー。

 ノーマン・ハリス、ボビー・イーライがギター、パーカッションにラリー・ワシントン、そしてもちろんドラムは僕のアイドル、アール・ヤングだ。

 だが決定的に異なるところもある。ブルーノーツをプロデュースしたのがギャンブル&ハフなのに対し、こちらはノーマン・ハリス、そしてロン・タイソン。

 ロンはラブ・コミッティ在籍時で、代表作"Low & Oeder"を出したのと同時期。

 つまりサウンドはラブ・コミッティ、コーラス・スタイルはブルーノーツ(いやデルズが本家なのだが)という妙が味わえる。

 なにはともあれ一曲。
 ラブ・コミッティのようでもあり、ブルーノーツのようでもある、その両方の魅力を実力では一等勝るデルズが歌う。悪いはずがない。

Our Love / The Dells

 このほか全曲が聴かせる。フィリーダンサーあり、バラードあり、さらに"Get On Down"はアール・ヤング&ノーマン・ハリス他の演奏がたっぷりと聴ける、僕にとって最高の曲。

 デルズと言えば、まずはドン・デイビス制作のものが語られるのはもちろんだが、フィリー録音を忘れちゃいけないよと、声を大にしておこう。

 ただひとつだけ不思議なことがある。

 ジョニー・カーターのハイテナーの出番が少ないのだ。コーラス・アレンジはロン・タイソンがやっているが、ファルセット・シンガーとして格が一枚も二枚も上のジョニー・カーターに嫉妬したのかな(笑)

|

« Temptations "In Japan" | Main | 今日はズル The Dells "They Said It Couldn't Be Done But We Did It... " »

Comments

これ買う気がしないジャケットですよねー、でも持ってるけど。

Posted by: Masato | September 08, 2009 at 02:47 AM

Masatoさん

裏とあわせてのおもしろさで僕は最初から気に入りました。
むしろ"Mighty Mighty"のほうが、ひいてしまいましたね~

Posted by: Sugar Pie Guy | September 08, 2009 at 12:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/46149502

Listed below are links to weblogs that reference The Dells "They Said It Couldn't Be Done But We Did It...":

« Temptations "In Japan" | Main | 今日はズル The Dells "They Said It Couldn't Be Done But We Did It... " »