« 時事コラム CDが売れない | Main | James Taylor "Sweet Baby James" »

【USBDG 011】 Ernie K-Doe

Ernie_k_doe_motherinlaw 俗に言うOne-hit-wonder(一発屋)。

※毎週末はUSBDG紹介です。USBDGについてはこちらをご参照ください

 "Mother-In-Law"だけで米ポップス界に名をとどめるアニー・K・ドゥ。
 だが一部のソウル・ファンの間では60年代中盤からのDuke、サンスゥ録でのシングルに熱い視線が注がれているシンガーでもある。

 そのいずれが上か、というのは為にする論で、両方ともいいから聴かなくちゃ駄目ということ。

Mother-In-Law Ernie K-Doe (Minit 0002)-1961-

 まずは名曲"Mother-In-Law"をしっかりと聴いていただきたい。

 軽快なノベルティだが、その軽快さを際だたせているのはアニーの並々ならぬスムースなテナー。この人の歌の巧さを聴き逃してはならない。

 彼は初期に放ったこの大ヒットに匹敵するセールスを二度とあげることはできなかったが、この歌を武器に70年代頭までしっかりとソウル・シーンに踏みとどまった。

 ところでここから私事、雑談。

 僕がこのMinitのLPの国内再発盤を買ったのは1981年。

 アニー・K・ドゥという名前と「意地悪ママさん」という邦題はかろうじて知っていた。その知識の元は大瀧詠一のアルバムの自筆ライナー。
 そのアニーのアルバムが出て、タイトルが「Mother-In-Law」、これなんだろうな~、でも違うかも、と思案しているちょうどそのときに、とあるイベントで大瀧さんのサイン会があった。大瀧さんの人気が沸騰しているときで、みんな「ア・ロング・バケーション」を持ってサインの列に並んでいるのだが、僕は裏手で「レッツ・オンド・アゲイン」を持って行った。
 それを差し出すと大瀧さんは目を細めて「ほぉう、これはこれは」と言った。延々とロン・バケにサインしていたところに、まだうら若い少年(は言い過ぎか)が、妙なレコードを持ってきたので興味をひいたらしい。
 すかさず「意地悪ママさんの原題ってなんですか?」とその場で尋ねた。

 というわけで、そのイベントの直後にこのMinit盤(の日本再発盤)は僕の棚に収まったという次第。

 思い出してみると大瀧詠一がサイン会をやった時代があったんだねぇ。今じゃ考えられない。

 ここで話を軌道修正して、このMinit盤から一曲ご紹介しよう。後年のサザン・ソウルを思わせるバラードもあるのだが、やはりこの時代はこのスタイルが一番魅力的だ。

She's Waiting / Ernie K-Doe

 彼のディスコグラフィをつけておく。漏れているものがあればご指摘いただきたい。

Savoy 1134 (1954)
 Honey Baby
 No Money

Speciality 563 (1955)
 Eternity
 Do Baby Do

Ember 1050 (1959)
 My Love For You
 Tuff-Enuff

Minit 604 (1960)
 Make You Love Me
 There's A Will There's A Way

Minit 614 (1960)
 Hello My Lover
 Tain't It The Truth

Minit 623 (1961)
 Mother-In-Law
 Wanted, $10,000.00 Reward

Minit 627
 Real Man
 Te-Ta-Te-Ta-Ta

Minit 634
 A Certain Girl
 I Cried My Last Tear

Minit 641
 Come On Home
 Popeye Joe

Minit 645
 Love YOu The Best
 Hey Hey Hey

Minit 651
 Beating Like A Tom Tom
 I Got To Find Somebody

Minit 656
 Loving You
 Get Out Of My House

Minit 661
 Be Sweet
 Easier Said Than Done

Minit 665 (1963)
 Penny's Worth Of Happiness
 I'm The Boss

Instant 3260 (1963-10)
 Baby Since I Met You
 Sufferin' So

Instant 3264 (1964-2)
 Taking Out Of My Hand
 Reaping What I Sow

Duke 378 (1964)
 My Mother-In-Law (Is In My Hair Again)
 Looking into The Future

Duke 400 (1966)
 Please Don't Stop Me
 Boomerang

Duke 404 (1966)
 Little Marie
 Somebody Told Me

Duke 411 (1967)
 Later For Tommorow
 Dancin' Man

Duke 420 (1967-10)
 Until The Real Thing Comes Along
 Little Marie

Duke 437 (1968-8)
 How Sweet You Are
 Gotta Pack My Bag

Duke 450 (1969-12)
 I'm Sorry
 Trying To Make You Love Me

Duke 456 (1970-5)
 I'll Nake Everything Be Alright
 Wishing In Vain

Janus 167 (1971)
 Here Comes The Girls
 A Long Way Back Home

Janus LP-3030 (1971)
"Ernie K-Doe"


|

« 時事コラム CDが売れない | Main | James Taylor "Sweet Baby James" »

Comments

大瀧さんがサイン会sign03
本当に今じゃ考えられませんね(笑)
そこに「Let's Ondo Again」を持って行ったSugar Pie Guyさんも、さすがですgood

そういえばMother-In-Lawを初めて聴いたとき「あ、楽しい夜更かしだ」と思った記憶がありますdash

Posted by: bloodstone | September 28, 2009 at 09:09 PM

bloodstoneさん、ご無沙汰しています。

大瀧さんのイベントは、名古屋市北区にある大きなレコード店で開かれたもので
単なるサイン会ではなく、大瀧さんがレコードを回しながら語るという内容の濃いものでした。
「幸せにさよなら」のシングルがLPとは別物だというのも、ここで知り「しまった、買い逃した」と悔やんだことを覚えています。

Posted by: Sugar Pie Guy | October 02, 2009 at 08:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/46326407

Listed below are links to weblogs that reference 【USBDG 011】 Ernie K-Doe:

« 時事コラム CDが売れない | Main | James Taylor "Sweet Baby James" »