« 【USBDG 014】 Etta James | Main | J.Poww "The Headliner" »

Robert Youngblood "Change Gonna Come"

Robert_youngblood_change_gonna_co_2 これぞインディ・ソウルという新録音。

 と言って、誉めているわけじゃない。
 正直なところ、かなりしょぼい。歌に力がない。

 だからといって聴く価値なしと切り捨てられないところが、惚れた弱み。このしょぼさがスウィートなんだと言い聞かせてみる。

Change Gonna Come Robert Youngblood (On-Kord KON-5709)-2009-

 このシンガーは、ポール・カイザー絡みの90年前後(年号を忘れた)のスマッシュ・ヒット、テリー・テイトの"Babies Having Babies"のライターだそうだ。
 同曲は、さすがポール・カイザーならではのスウィート曲で話題になったが、すぐにこれはラブソングではなく、未成年の女の子の妊娠問題を追及した社会派ソングだということが判明し、ソウル・ファンの多くががっくりした(はずだ)。

 その時の嫌なイメージが先行したというわけではなく、客観的に歌が弱い。シンガーとしては辛い。

 しかし、バラードではなかなかの甘茶ムードがある。アルバム一枚はきついが、曲だけを取り上げれば、そのムードは悪くない。

 というわけで一曲お届けする。

You're In Love Again / Robert Youngblood

 なお、アルバム・タイトル曲"A Change Is Gonna Come"はサム・クックの同名曲とは別なオリジナル。ほっとした。

|

« 【USBDG 014】 Etta James | Main | J.Poww "The Headliner" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/46648787

Listed below are links to weblogs that reference Robert Youngblood "Change Gonna Come":

« 【USBDG 014】 Etta James | Main | J.Poww "The Headliner" »