« Willie Clayton "My Time" | Main | Willie Clayton "Love, Romance & Respect" »

Willie Clayton "Soul & Blues"

Willieclayton_bluessoul 嫌なタイトル、ジャケットもチープ。せっかく好調のウィリーも今回は駄目かと悪い予感が---

 しかし内容はむしろ良くほっとする。

Soul & Blues Willie Clayton (Malaco MCD 7534)-2008-

01 I Feel a Cheatin' Coming on
02 Strong Love
03 Body Talk
04 Triple Diamond Slot Machine
05 All Day Blues
06 Sweet Thing
07 Another Man's Gain
08 It Hurts So Much
09 I Can't Stand the Rain
10 Do What I Gotta Do
11 Your Body (Remix)

 1はウィリー自作のオリジナルだが、曲調がジョージ・ジャクソンが書いた"Cheatin' In The Next Room"(Z.Z.ヒル、オーティス・クレイ他名唱多し)にそっくり。曲名に"Cheatin'"を使っているし意識してやっているのだろう。
 このところお得意の懐古ソウルでもあり、メロウな曲調のなかにミリー・ジャクソン、マーヴィン・シーズ、アル・グリーンなどの名を歌いこむ。

 2、先の曲からの流れもいい、お得意のミディアム曲。軽く歌うがいい感じ。

 3、今回もロナルド・アイズレーに挑んでます。曲もR.ケリーが提供したアイズレー風なのが笑える。

 4でようやくブルース。いやウィリーのブルースが聴きたいわけじゃないけれど、アルバム・タイトルがこうである以上、いつかは出てこないとね。

 5はスロー・ブルース。中途半端にリズムがあるものよりスローのほうがまだ聴ける。

 6は少しアル・グリーン調のミディアム・スロー。ブルースも終わったことだし悪くはない。

 7、タイロン調。いつもよりさらにタイロンっぽさを強調した歌いかた。

 8はどこか"When Something Is Wrong With My Baby"に似たサザン・ソウル・バラード。

 9、前曲の流れ(?)か、アン・ピープルズのカバー。ちょっとファンキーにアレンジしている。

 10、ファンキーな重さを持ったミディアム・スロー。オルガンの音もクールでなかなか聴かせるが、曲の魅力がいまひとつ。

 11、3曲めのロニー・アイズレー調のリミックス。女性をフューチャーして、こっちのほうがエロ度が高い。


 以上、11曲。アルバム・タイトルにブルースとあり心配したが、途中二曲だけですんだ。
 今回もEndzoneが製作(シカゴ録音も数曲ある)、しかしMalacoで売る限りブルースは求められる。

 やはりEndzone単体でリリースしたほうがいい---って、いよいよ次回紹介は最新作。知っているから言えるんだけれど(笑)

|

« Willie Clayton "My Time" | Main | Willie Clayton "Love, Romance & Respect" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/47459002

Listed below are links to weblogs that reference Willie Clayton "Soul & Blues":

« Willie Clayton "My Time" | Main | Willie Clayton "Love, Romance & Respect" »