« The O'Jays "Travelin' at the Speed of Thought" | Main | Ashford & Simpson "Street Opera" »

Dynasty "Out Of Cotrol"

Dynasty_outofcotrol ダイナスティの最後のアルバム。

 レオン・シルバーズIIIがメンバー脱退、音作りにも参加していない。そのうえ80年代末期ということで、ニュージャックしている。

Out Of Cotrol Dynasty (Solar D1-72559)-1988-

 メンバーは3人。Nidra Beard SylversとKevin Spencerの2人にWilliam Shelbyという人が加わった。前作から言えばレオン・シルバーズIIIのほか、 リンダ・キャリアが抜けている。

 全8曲の殆どがニュージャック・スウィング(以降NJSと表記)で、僕はNJSの批評眼がないので良いも悪いも判断できない。あくまで僕の好みということで全曲紹介。

SideA
1. Don't Waste My Time
2. OUT Of Control
3. Way Out
4. Give Your Love To Me

SideB
5. Tell Me (Do U Want My Love)
6. One Girl
7. Cherry Red Bikini (5:01)
8. Tuff Love

 1からNJSダンス曲。コーラスはなかなか。
 2も同様。ただコンピュータ打ち込みではないので、案外と(僕でも)聞くことができる。途中のロック風のギターソロは辛いが。
 3はNJSが薄れている。ドラムの響き、シンセの色どりなどSolar=レオン・シルバーズっぽくて嬉しい。楽しいアッパーで要所のコーラスも効いていて、これがベストトラックだろう。
 4でNJSに戻る。僕にとってはナニガオモシロイカワカラナイ。すいません。

 B面に裏返して5曲目、Solar風NJSといった趣きの変わったサウンド。気になるところはあるものの、曲そのものの魅力が少ないように思う。
 6は唯一のLA=ベイビーフェイスのプロデュース曲。テンポを落としムードはあるが、やはり曲が惜しいところでいまひとつ。
 7~8、特におもしろみが感じられない。

 以上、一曲一曲聴いていくと3の"Way Out"しかひっかからない。
 ただ、全体として丁寧にしっかり作られている。歌も悪くない。この時代の音が好きな方には、アルバム一枚を流し聴くにはよいかもしれない。
 

|

« The O'Jays "Travelin' at the Speed of Thought" | Main | Ashford & Simpson "Street Opera" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/52550011

Listed below are links to weblogs that reference Dynasty "Out Of Cotrol":

« The O'Jays "Travelin' at the Speed of Thought" | Main | Ashford & Simpson "Street Opera" »