« Motown meets the Beatles | Main | Milt Matthews Inc. »

Black America sings Lennon & McCartney

Blackbeatles 前回のモータウンのビートルズカバー集の続き。

 今回は英国Aceの選曲によるソウル・シンガーによるビートルズカバー集。

Black America sings Lennon & McCartney various (Ace CDCHD 1300)

 タイトルにビートルズの文字を使わないのが洒落ているが、リンゴはもちろん(?)ジョージの曲も入っていないよという意味でもあり、ちょっと寂しい気もする。

 前回のモータウン。一枚通して聴くとなんだか良くなってきたが、一曲毎には辛いものもあった。どうしてもアルバムの穴埋め曲的なものが多かったからだろう。

 その点、こちらは素晴らしい。一曲目のチャービー・チェッカーからノックアウトされたせいもあるが、とにかく良いな~とため息をつくような歌ばかりが収められている。

1. Back in the USSR - Chubby Checker
 フィリーのツイスト男チャービー・チェッカーのご機嫌なロックンロールでスタート。この曲のオリジナルのオリジナルと言うべき「サーフィンUSA」はチャック・ベリーだからか、ぴたりとはまる。熱気あふれるバックに叫びまくるチャービー。

2. We Can Work It Out - Maxine Brown
 マキシン・ブラウンですからね。悪かろうはずがない。声を張り上げなくてもソウルを表現できる稀有なシンガーだけあって原曲よりぐっとテンポを落とし、しっかりと聴かせる。

3. Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey - Fats Domino
 ニュー・オーリンズのサウンドになぜかはまる。ファッツ・ドミノの余裕たっぷりの歌に抱かれるのみ。

4. Ticket to Ride - Wee Willie Walker
 アレンジを変え、これぞサザン・ダンサーというナンバーに。ウィリー・ウォーカーのリズムの乗りが抜群。

5. Good Day Sunshine - Roy Redmond
 調べたらこれ日本盤シングルも出ていた。原曲の爽やかさを取り払いヘビーなディープ・ソウルに変身。

6. Please Please Me - Mary Wells
 「マイガイ」のフレーズをちょっと入れ、コケティッシュに歌う。

7. Eleanor Rigby - Gene Chandler
 この曲が収録されたアルバムは持っているが、いつも飛ばしていた気がする(笑)。改めて聴くとさすがジーン・チャンドラー。軽やかな身のこなしにダンディズムを感じる。

8. And I Love Her - The Vibrations
 いきなりファルセットで歌いだすスウィート・ソウル。素っ頓狂なアレンジとのミスマッチが妖しい。

9. Come Together - Chairmen Of The Board
 チェアメン得意のアレンジで、例によってくどく歌うのが、彼らにぴったり。

10. Blackbird - Billy Preston
 原曲のフォーキーな感じから、ファンキーゴスペル調に変身。

11. Paperback Writer - R.B. Greaves
 ロッキンR&B。この思い切りがなかなか。

12. Rocky Racoon - The Moments
 こんな曲をカバーするとは。モーメンツだがバリトンで歌う--といってビリー・ブラウンの声にも聞こえない。アル・グッドマンのリードなのかな。

13. Drive My Car - Black Heat
 ファンキー・ソウルに仕立て愉快痛快。

14. Lady Madonna - Junior Parker
 原曲のボードヴィル調のアレンジではなく、ぐっとヘビィに聴かせる。

15. Help - David Porter
 怒涛のように歌いきることでソウル・ダンサーに変身。

16. Yesterday - Linda Jones
 ソウルで歌ってはいけない曲だが、リンダ・ジョーンズの超くどさで、原曲の通俗さがお下劣になっている。ここまでやればいいでしょう。

17. Day Tripper - Otis Redding
 ああオーティスね。---えっアレンジが違う。未発表テイクを収録。さすがAce、やることが憎い。

18. Why Don't We Do It in the Road - Lowell Fulson
 ここまでフルソン節にしたらカバーじゃなくオリジナルって言っちゃえばよかったのに。白人がさんざんやった手口をやりかえしてもいいんじゃない(笑)

19. I Saw Her Standing There - Little Richard
 この曲をリトル・リチャードに与えてくれたレノン=マッカートニーに感謝します。素晴らしいロックンロール。

20. Don't Let Me Down - Donald Height
 軽く歌っているようでディープなものをちらつかせる、このN.Y.シンガーのふところの深さに涙。このCDの白眉の一曲。

21. Get Back - The Main Ingredient
 スウィート・ソウル・ダンサーに。メロディを微妙に変えているのが嬉しい。

22. The Long and Winding Road - The New Birth
 オリジナルは通俗の極みで、ポールにもどうしようもならなかった。いっそフィル・スペクターの大仰なアレンジが救いだったと思う(ポールは怒ったそうだが)。しかし、レズリー・ウィルソンくらいにくどく歌えばこんなに良くなるという実証。

23. I Want to Hold Your Hand - Al Green
 完全にソウルにアレンジを変えている。ガッタ、ガッタと叫ぶアル・グリーン。

24. Let It Be - Aretha Franklin
 ゴスペルとソウルをまたいだ歌ならば真打はアレサ。歌の表現力はもはや別次元なり。

 以上、素晴らしいソウルの連打。ビートルズという枠を意識せず、単にソウルのコンピレーションとしても傑作に類する。未聴のソウル・ファンはぜひ!

 なお、ブックレットは毎度ながら英国魂の入った素晴らしいものだが、曲の解説がこのCDの収録順ではなくオリジナルのビートルズの発表順になっている。アルバム収録曲はアルバムでまとめるという凝り様。ビートルズ・ファンには楽しいだろう。

|

« Motown meets the Beatles | Main | Milt Matthews Inc. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/53702790

Listed below are links to weblogs that reference Black America sings Lennon & McCartney:

« Motown meets the Beatles | Main | Milt Matthews Inc. »