« Freda Payne "Stares And Whispers" | Main | Richie Havens "The Great Blind Degree" »

Dorothy Moore "Winner"

Dorothymoore_winner ドロシー・ムーアの89年録音。

 時期的に正道のソウル・シンガーとしてはバックの音が辛い。しかしドロシーの歌にはかげりなく、それなりに聞き所があるアルバムだと思う。

Winner Dorothy Moore (VOLT V-3405)-1989-

 プロデュースは前作TIME OUT FOR ME(1988)に引き続きF.L.ピットマン。

-Side A-
1.Didn't Take The Time
2.Already Spoken For
3.Are You Ready
4.Rude Awakening

-Side B-
5.Winner
6.I Thank You
7.In My Pocket
8.Always So Close

 1はなんとニュー・ジャック・スウィング風。完全にテディ・ライリーしているわけじゃないけれど当時の流行に色目を使ったアレンジ。決して悪い出来ではないがニュー・ジャックスが苦手な僕にはちときつい。

 一転して2はインディ・ソウル臭いディープなミディアム。シンセドラムやシンセの音がチープ。しかしなぜかそれにドロシー・ムーアの声があう。インディの音に抵抗がないのなら、これはお勧めの一曲。

 3のミディアム・バラードもいい曲。ただ前半ドロシーの声が不安定に聞こえる。そこにはらはらして曲への集中がそがれる。後半盛り上がってくると安定してきて、余裕の語りも入り安心安心。

 4はブラコン風。ドロシーの歌はいいが、曲に特徴がないのが残念。

 5はアルバム・タイトル曲。雄大というか華やかなアレンジが僕にはいまひとつ。ドロシーの歌が上にひっぱられ地に足がついていないように聞こえる(我ながら変な表現)

 6はじっくり歌われたバラード。ひねりも何もないアレンジのバックだが、やりすぎ感があるこれまでの曲よりは遙かにいい。

 7はミディアム・ダンサー。ドロシーの歌は張り切って聞き所はあるが、やはりバックが邪魔。

 アルバムをしめくくるバラードの8。アレンジが当時の売れ線ロックっぽいが、歌は気合い十分。


 以上、ドロシー・ムーアの歌は総じていい。ロック風だったり、煮え切らないニュー・ジャックスだったり、難しい時代だなと再確認させられる音なのは残念。

|

« Freda Payne "Stares And Whispers" | Main | Richie Havens "The Great Blind Degree" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/54427960

Listed below are links to weblogs that reference Dorothy Moore "Winner":

« Freda Payne "Stares And Whispers" | Main | Richie Havens "The Great Blind Degree" »