« Black America sings Lennon & McCartney | Main | Freda Payne "Stares And Whispers" »

Milt Matthews Inc.

Milt_matthews_inc 若き日のミルト・マシューズ。なぜかグループのようなInc.名義となっている。

 彼の代表作はH&Lから1978年に出た"Milt Matthews"。
 そこでは妖しいヒゲ面だが、今日とりあげるLPはおそらく1970年頃、ジャケットの写真もいかにも若い。

Milt Matthews Inc. Milt Matthews (Commonwealth United Records CU6005)

 若いだけじゃなく変な格好をしている。南米のインディオによるフォークロアかと思ってしまう(笑)

 このジャケットから想像できる通り生ギターを使った曲が印象的、そしてこのジャケットから想像できないが十分にソウル。

 それでは全曲紹介。

-Side A-
1.Gotta' Find My Way Yo Mary
2.I'm Gonna Get'Cha
3.Treat Daddy Right
4.The Feeling Of Love
5.Little Green Apples

-Side B-
6.It Ain't Your Fault
7.Sweet Betsy Marie
8.Chick-A-Poo Land
9.Route 21
10.Gone To My Baby's House
11I'm The Man To See

 5の名曲カバーをのぞき全てミルト・マシューズの自作。

 柔らかな声でしっとりと歌いこむ1でスタート。バックのオルガンがいい感じ。

 2はかっこいいリズム物。メロディもよく、歌の歯切れもいい。ベストトラック。

 3は生音のギターに強調されたベースラインのミディアム。フォーキーな感じであり、このジャケットの雰囲気にあっている。フリーソウル的でもある。かなりいい。

 4は勢いのあるファンクナンバー。ドラム大忙し。マシューズの歌は適度なディープさと軽さをあわせ持っていて、くどくならないのがいい。ただ途中でマイナーなメロディに転調するところがやりすぎかも。

 5はエバーグリーンな名曲をギターとピアノを中心にフォーキーにカバー。木訥とした良さあり。

 LPをひっくり返してB面。6はまずまずのミディアム。悪いところはないが目立つところもないかな。

 7はフォーキーなバックに、けっこうシャウトするサザン・ソウルナンバー。アラを探すとバックのリズムがやや弱いかも(サザンソウル的には)。

 8はカーティス・メイフィールド的な適当シャランシャランギターの曲。歌もそれにあわせ猫撫で声。

 9はジャンプ、10はオルガンをフィーチャーした聴かせるバラード、ただ歌にもう少し力を入れたほうがいいという気はする。

 びしっとしたA面に比べ、どうもB面はインパクトが弱いが、最後の11はいい。歌に力が入っている。ローカルっぽさも良い雰囲気をかもしだし悪くない。


 マシューズはうまいシンガーだと思う。曲によって声の出しかたを使いわける。あるときはシャウト、あるときは猫撫で声。ただ迫力に欠けるきらいがあり、器用貧乏に陥る弊があるかも。

 まあそれも若さゆえということで、このアルバムは十分楽しめると思う。


 裏ジャケットより、童顔時代のミルト・マシューズの写真を貼っておく。

Milt_matthewss_photo

|

« Black America sings Lennon & McCartney | Main | Freda Payne "Stares And Whispers" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95915/54387823

Listed below are links to weblogs that reference Milt Matthews Inc.:

« Black America sings Lennon & McCartney | Main | Freda Payne "Stares And Whispers" »